【Daiwa17タトゥーラSV TW8.1L】フリップ用リールに最適と思えてきた

先日の試合で17タトゥーラSV TWばかり使ってしまってました(笑。

 

その理由はハッキリ認識しましたよ。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

ただのコンパクトじゃない

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

現在フリッピング用のタックルを三本持ってるのですが、そのうち二本は旧TDハリアーリミテッド80なんですよ。

 

Daiwaハリアー80&17タトゥーラSV TW

 

そのうちの一本にDaiwa17タトゥーラSV TW8.1L、もう一本にはSHIMANO13メタニウムXGをセットして使ってます。

 

どちらもエクストラハイギヤモデルなんですが、今年17タトゥーラSV TWを買ってから、なぜかそっちばかり使ってしまうんですよね。

 

握った感じが良いんですが、その理由はボディーのコンパクトさです。

 

でも他のリールだって結構コンパクトなのに、どうして17タトゥーラSV TWが良いのでしょうか。

 

パーミングカップ側の薄さ

 

Daiwa系のリールがすべてそうなのかわかりませんが、今回の17タトゥーラSV TWはハンドルの反対側、パーミングカップ側がロッドから出てる分が薄いんですね。

 

Daiwa17タトゥーラSV TW8.1L 14.46.41

 

13メタニウムと比べると明らかに薄い。

 

Daiwa17タトゥーラSV TW8.1L 14.49.00

 

13メタニウムも相当コンパクトだと思うのですが、それよりも17タトゥーラSV TWはさらに薄いんです。

 

おそらくブレーキの構造上の問題もあると思うのですが、DaiwaのSVスプールの恩恵なのか、ボディーの幅はかなり狭くてリールそのものの幅がすごくコンパクトですね。

 

これは片手で超ロングロッドを操作するには凄いメリットです。

 

Daiwa17タトゥーラSV TW8.1L 14.49.43

 

ハンドルを下向きでシェイク

 

自分のカバーテキサスでは中層のロングシェイクをする時がありますが、先日の試合では結構長い時間一点シェイクする釣りだったんですよ。

 

その時ロッドは左ハンドルのリールの場合、ハンドル側を下に向けるスタイルで操作するんですね。

 

Daiwa17タトゥーラSV TW下向き

 

これはリグを飛ばす時もそうです。

 

フリッピングDaiwa17タトゥーラSV TW

 

その時自分のクセで、人差し指はロッドのフロントグリップに当てるんですが、そのときもパーミングカップは薄い方がしっくりきます。

 

Daiwa17タトゥーラSV TW8.1L 14.49.57

 

これは想定外でしたね(笑。

 

カケヅカ的まとめ

 

これはもう一台いってしまうかもしれません(笑。

 

自分の中ではフリッピング用のリールにはスプール回転とか剛性は全く求めてないんですよね。

 

ナイロンの30ポンドが適度に巻ければ何でも良い訳です。

 

Daiwa17タトゥーラSV TW8.1L

 

まあ、今時そこまで性能の良くないリールは無いですけど(笑。

 

それにしても今回買った17タトゥーラSV TWは現時点でフリッピングに最高ですね。

 

13メタニウム(16メタニウム)最高だと思ってたんですが、時代の流れはすごい(笑。

 

SHIMANO16メタニウムDaiwa17タトゥーラSV TW

 

パーミング時のそれぞれの指の位置が最高にフィットしてるんですよ。

 

Daiwa17タトゥーラSV TW8.1L 14.49.25

 

フリッピングは全部これで良いかもしれないです。

 

そうしたらSHIMANO EXPRIDE 1711XHにもDaiwaのリールになっちゃうな(汗っ。

 kakedzuka.com 
Nothing found for 2016 11 Daiwarod Shimanoreel
http://kakedzuka.com/2016/11/daiwarod-shimanoreel/

 

どうしよ(笑。

 

おわります。

 

リールメンテナンスツールに関する他の記事はこちら

● リールメンテナンスでEリングやストッパーリングを絶対に無くさないで外す方法

● スプールベアリングリムーバーを自慢したいのです

● 【リールメンテナンス】ベアリングにオイルを差す時に注意したい事

● ぶっちゃけ、リールメンテナンスってやった方が良いの?

● 【まとめ】 バス用ベイトリール メンテナンス関連記事 便利アイテムや専用ツール紹介


スポンサーリンク



スポンサーリンク




10 件のコメント