バス釣り✕モノ作りで人生を楽しく生きるカケヅカのプロフィール

こんにちは!

 

当ブログ「KAKEDZUKA.com Reborn(カケヅカドットコムリボーン)」管理人のカケヅカです。

 

これまでも別ブログ「kakedzuka.com(カケヅカドットコム)」を三年ほど書いてきたのでご存知の方も多少いるかもしれませんね。

 

そのkakedzuka.comですが、別に閉鎖した訳ではなく今でも普通にネット上で見れるようになってます。

 

ではなぜ別のブログを立ち上げる事になったのか?

 

そのあたりも含めて自身のプロフィールを紹介していきたいと思います。

 

カケヅカって何者?

リールカスタムパーツ&レンタルボート関連パーツ製造業。バス釣りブロガー(48歳)。

本名欠塚実(カケヅカミノル)

主な仕事の内容&肩書きは

  • リールカスタムパーツ&レンタルボート関連パーツのデザイン設計製造

  • 2D CADオペレーター

  • 3D CADオペレーター

  • NC工作機械オペレーター

  • バス釣りをしにフィールドに出て感性を磨く

  • 業務内容&くだらない呟きをブログやSNSで発信(販売促進の一貫)

などなど。

 

つまりリールカスタムパーツやレンタルボート関連パーツの基本デザインから設計製作商品管理から販売促進活動までをほとんど一人でやる感じです。

 

でもまあ、毎日好きな事をやってるだけなので遊んでるようなものですが(笑。

 

カケヅカのバス釣り

 

バス釣りは主に千葉県の房総リザーバーでフリップばかりやってますが、実は亀山ダム以外のリザーバー童貞。

 

今年こそは房総半島のリザーバーをすべて制覇したいと思いながら20年が経過しちゃいました。

 

 

カケヅカの初バス

 

はじめてバスを釣ったのが中学一年の時で、千葉県館山市の名もない野池でルアーは渓流用のスピナーだったのを覚えてます。

 

それから高校(実質男子校の工業)に進学後大手自動車メーカーにメカニックとして勤務するも一年もたずに辞表を出しました。

 

その後色々あって両親の経営する金属加工工場で働き始めて二十年以上、社会人になってから本格的にバス釣りにのめり込みます。

 

20代後半くらいからJBのプロトーナメントに参戦してましたが、飛ぶ鳥に落とされる勢いで泣かず飛ばず(泣。

 

20160828_220515

 

何一つ結果を残せないまま逃げるように(名前だけの)バスプロを引退します。

 

ローカルトーナメント

 

そこで一度は釣りをやめようかとも考えたのですが、当時の地元の釣り仲間に誘われて亀山ダムのローカルトーナメントに出てみたんですよ。

 

ルールは厳しくない割にレベルが高く、レンタルボートという手軽さもあり再びバストーナメントにハマってしまいました。

 

結婚出産東日本大震災

 

亀山ダムのローカルトーナメントは三年くらい続けたのですが、その後結婚して子供が出来ると仕事と子育ての忙しさから一時期バス釣りを離れる事になります。

 

途中東日本大震災で東京足立区に住んでいながら被災。築二十年の工場兼住まいが半壊。

 

自身も工場での作業中に震災がきてガチで死にかけました。

 

狭い工場の中に積み上がってた金属材料が一斉に崩れ、あと数秒逃げるのが遅かったら死んでたと思います。

 

独学で仕事をおぼえる

 

そんな経験から一度は死んだ命だと思い一念発起。全く関係ない分野からリールパーツ製造業に転身。

 

銀行を駆けずり回って自宅兼工場を新築、それまでの溶接業から設備をすべて入れ替え精密部品の切削加工を中心としたリールパーツのデザイン設計製造までを一社(ほぼ一人)でやるスタイルで今に至るという感じです。

 

2018-05-31 14.13.02

 

これまで色んな方に助けてもらいながら独学でWEBデザインやCAD、切削加工を勉強して、自分の欲しいものを自分でデザインして、それを自分で図面化して自分で加工するという事を仕事にしました。

 

ジュラルミンのカラーアルマイトについても独学で研究を重ね、

どの材料をどうやって加工すると良い発色になるのか

などをトライ&エラーの繰り返しでデータを取る日々です。

 

クラッチ6色

 

 

数百個作った製品がアルマイト処理の失敗で全滅、なんて事も初期には良くありました(笑。

 

 

新たなブログの立ち上げ

 

さて話は変わって、なぜ既存のブログがあるのに新たに別のブログを立ち上げたのかについてお話させてもらいます。

 

自分事で恐縮ですが、これまでのブログもバス釣りジャンルの個人ブログとしてはまあまあ大きくなった方だと自負しております。

 

もちろん上には上がいて、100万PVを超えるようなモンスターブログの運営者ともお付き合いがあったりしますが、それでも釣りというジャンルで10万PVを超えるのは中々な事だと客観的に見ても思う訳です。

 

その中にあって自分のブログはピーク時には30万PVに迫るものがあったのですが、それ以上伸びないどころか書いても書いてもジワジワと減りはじめるんですよ。

 

ちょっと専門的な話になってしまうのでザックリ説明しますと、グーグルの検索結果に反映されるべきブログの構造に欠陥があり、それを修復するには膨大な労力と時間を要してしまう事を自分でわかるんですよね。

 

でも皮肉な事に全く書かなくてもある程度のPVは稼げてしまってるんですよね

 

つまり書いても書かなくても一定の数字は自動的に稼ぎ続けてくれてる訳です。まさに自動販売機的な感じで。

 

そうなるとブログを一旦潰してゼロから始めるにはあまりにも惜しいと(笑。

 

こうしている今も「カケヅカ」と言うキーワードが世界のどこかで誰かに読まれてる訳です。

 

スコアを上げる実験

 

旧ブログを残しておきたい理由がもう一つあって、これまでブログを通じて知り合った他のブロガーさんやサイト運営者の方々がこんな自分のブログ記事のリンクを貼ってくれてるんですよね。

 

そこでブログ自体を初期化してゼロから記事を書き直そうと思うと、その方たちに多大な迷惑をかけてしまいます。

 

それに自分としても膨大なクズ記事の中に稀に読んでくれる人に対して有益な記事が混じってる(と思っている)んですよ。

 

それらをすべて消してしまうのは色んな意味で惜しい訳です。

 

今後も旧ブログで書き続けるのか悩んだのですが、ある時自分自身吹っ切れる案を思いつきまして。

 

それが新規ブログの立ち上げだったんですよね。

 

これまでもブログのスコアを上げるための実験を繰り返してきたのですが、時に内部データをイジリ過ぎてネット上に表示されなくなったりした事が何度かありました(苦笑。

 

一応商売と連動させてるので、サイトが表示されない時間があるのは機会損失です。

 

でも世の中は常に変化してますし、ブログの形態も少しずつ日々変化を求められてるんですよ。

 

なので内部の構造はちょくちょくイジる必要がありまして、でもそれを一つのサイトだけでやるのは結構なリスクなんです。

 

という訳でサイトを2つ運営して、もしも致命傷になるようなリスクのある実験をする場合は最低でもどちらかのサイトは残るようにしたいと考えました。

 

レベルが上がった状態でゲームスタート

 

そんな訳で新しくブログを立ち上げたのですが、その内容については特にプランは考えてません(笑。

 

正直結構テキトーにやっていこうと思ってますが、でもメインのブログは新しい方になると思います。

 

旧ブログでは自分なりに色々と実験を繰り返してきましたが、その中で初期にやっておくべき事も多く体感してまして。

 

数千という単位で記事を書きましたが、どれがゴミ記事でどれが有益なのかも少しはわかったつもりでいます。

 

ぶっちゃけどうやればアクセスを稼ぎやすいかも何となくわかったので、ちょっとリセットして最初からやってみたいと思うんですよね。

 

ドラクエで言うとレベルがある程度上がった状態でNEWゲームを進めるという感じでしょうか。

 

いきなり強い装備と魔法を持って初期の魔物をやっつけるイメージですね(笑。

 

これからのカケヅカの方向性

 

考え方も仕事の方向性もこれまでと変わらず、基本的に自分が欲しいと思うもの、自分が良いと思うものを作っていく感じです。

 

そしてその工程をブログやSNSで発信していくのが楽しいと思ってます。

 

ブログに関しては商品カタログのようにもしたいし、自分の考え方を書き留めておく備忘録としても使いたいし、そこはまだ定まってませんが、SNSで言えば済むような一過性の事は書かないと思います。

 

お詫び:現在プロフィール記事を書いてる途中なので、随時書き足していく予定です。

色々と書きたい事が溜まってるので、個別記事を優先して書いてます事を了承頂けると幸いです。

プライバシー・ポリシー

 

当サイトに掲載されている広告について当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Google Adsense)を利用しています。

このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。

またGoogle Adsenseに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

アフィリエイトリンク先の商品の購入方法や詳細などは、各ショップページにてご確認ください。

商品購入に関するトラブルなどについては、当サイトでは責任を負いかねますので予めご了承下さい。