【20メタニウムMGL】釣りフェスティバル2020で見た感想をカスタムパーツ屋の目線で書いてみる

2020年で一番興味のあるリール、SHIMANO20メタニウムMGLを横浜釣りフェスティバルで実機を見て触ってきました。

 

もうネガティブな要素が全くないと言って良いほどの完成度ですが、そこをカスタムパーツ屋目線で見るとどうなるのかを書いてみたいと思います。

 

【かけづかのツイッターアカウントをフォローしてもらえると最新記事をお届けします】

 

SHIMANO 20MetaniumMGL実機を見て触った感想

 

こんにちは、ほぼフリッパーのかけづかです。

 

2020年で再注目のリール【シマノ20メタニウムMGL】の実機を触ってきました!予想通り軽くて剛性感があって見た目もかなり好みです。

 

SHIMANO20MetaniumMGL (2)

釣りフェスティバル2020で展示してあった20メタニウムMGLの実機。一見16メタニウムMGLと似たフォルム。だけど一回り小さい感じか。わけあってかなり遅い時間にやって見れた…。

宝の持ち腐れだった SHIMANO16メタニウムMGL XGが絶賛活躍中!

2019年10月2日

 

これは自分と同じ感想の方がほとんどなんじゃないかと思うので、基本スペックの詳細については深く書かなくても大丈夫ですよね(丸投げスタイル。

 

それについては各ブロガーさん達が独自の視点で詳しく書いてくれてますので、そちらを参考にしてみてください。本当に詳しく、客観主観織り交ぜて愛のある記事を書かれてます

 

ここはカスタムパーツ製造業を生業とするオッサン目線で20メタニウムを切っていこうかと。

 

釣りフェス会場でお会いした方や、SNSでやり取りしてる方から「カスタム的にはどうですか?」ときかれまして。

 

それに対しての自分の答えは記事後半に書かせてもらおうと思います。

 

20メタニウムMGL基本スペックをざっくりと

 

おそらく相当数売れると予想される20メタニウムMGLですが、その大半の方はノーマルで使う事でしょう。

 

なにせネガティブな要素を粗探ししようと思っても無理なレベルで完成されちゃってますからねー。

 

SHIMANO20MetaniumMGL (1)

注目度の高さが際立っていた20メタニウムMGL。平日にも関わらずかなりの人が見に来ていた。ゆっくり見れなかったのが悔やまれる(笑。

 

超簡単にスペックを確認しておきます。

20メタニウムMGL基本スペック
  • 自重:175g
  • スプール寸法:径34mm 幅19mm
  • 糸巻き量:ナイロン16ポンド80m
  • ギヤ比:6.2(ノーマル)7.1(ハイギヤ)8.1(エクストラハイギヤ)
  • マイクロモジュールギヤ
  • X-SHIP
  • “HAGANE”ボディ
  • MGLスプールⅢ(マグナムライトスプール スリー)
  • コアソリッドボディ
  • SVS∞(インフィニティ)
  • 海水OK

ボディー素材がマグネシウム、サイドハッチがジュラルミン、ドライブギヤはブラス(高強度真鍮)。

本当にざっくりですが、こんな感じですね。

20メタニウムMGLの外観からカスタムを妄想する

 

まず20メタニウムMGLの本体カラーがガンメタ調というのはカスタム的にポイントが高いです。元が派手派手だとカスタムが逆に限られてしまいますからね。

 

これならブラックのパーツは間違いなく違和感ないでしょう。ハンドルやスタードラグはブラックでもガンメタでもいけますね。

 

SHIMANO20MetaniumMGL (4)

サイドハッチが外れかけてる20メタニウムMGL。気付かず写真を撮ってしまうあたりがダメでした…。

 

ハンドルロックナットやメカノブキャップは色で遊べると思います。思い切って派手なカラーをチョイスするのはアリかと。

SHIMANO20MetaniumMGL (3)

濃いめのガンメタが基調の20メタニウムMGL。タチウオカラーだった16メタニウムMGLより個人的には好み(笑。

SHIMANO20MetaniumMGL (9)

20メタニウムMGLのレベルワインド周り。果たして18バンタムMGLと互換性があるのか。そこはバラしてみないとわからない。

SHIMANO20MetaniumMGL (10)

20メタニウムMGLのハンドルとスタードラグ。ハンドルロックナットはカラーパーツに交換したい。スタードラグもおそらくAvail製が適合するはず。

SHIMANO20MetaniumMGL (13)

20メタニウムMGLのクラッチレバーは新素材を採用とのこと。ちなみに18バンタムMGL/19アンタレスと互換性はアリ(やったぜ!。

SHIMANO20MetaniumMGL (14)

20メタニウムMGLクラッチレバーを別角度から。2種類の素材を使ってるように見える。やはり割れ対策をしてきたと言う事か。

SHIMANO20MetaniumMGL (15)

20メタニウムMGLを上から見たところ。レベルワインドは結構スプールに近い。でもスプールのナロー化でバンタムよりストレスフリーだと思われる。

SHIMANO20MetaniumMGL (5)

20メタニウムMGLのサイドハッチを開けたところ。サイドハッチはジュラルミン製。ブレーキはSHIMANO伝統のSVS∞。出荷時のブレーキブロックは4個ともON。

SHIMANO20MetaniumMGL (7)

20メタニウムMGLの作りはほとんど18バンタムMGLと同じだと思われる。早くバラしてみたい(笑。

 

気になるのは18バンタムMGLのカスタムに使っているマグネットブレーキシステムが取り付くのかどうかという点。なんとなく互換性あるように見えるけどなー(希望的観測。

《18バンタムMGL》をマイクロキャストスプールでベイトフィネス化してバックスライドセッティングはどこまでやりやすくなるのか試してみた

2019年7月7日

20メタニウムMGLのカスタムポイントはどこか

 

20メタニウムMGLのカスタムですが、現時点では一体どこをカスタムするのかわからないレベルですよ(苦笑。

 

ハッキリいって性能的な部分は、カスタムでノーマルより良くなるポイントは無いでしょうね。

 

そうなると20メタニウムMGLはノーマルでしか使えないのか、否。

 

自分が常々言ってる事ですが、リールカスタムというのは”自分専用機”にする事なんですよ。

 

カスタムポイントは人それぞれ、使用ルアーはフィールドによって全然変わります。

 

おそらくこの先開発されるであろう、サードパーティーのカスタムスプールを入れてBFS化するもよし。

 

ロングハンドルをセットして、マグナムクランクやデカ羽モノをやるもよし。

 

使用感や性能には直接関係なくても、見た目を変えて所有欲を満たすためにドレスアップをするも良しですよ。

 

そして何より、今回明らかになったのはクラッチレバーが18バンタムMGL/19アンタレスと互換性あるという事がわかった事です。

 

釣りフェスで実際に触ってみた20メタニウムMGLは、やはりクラッチの位置が高く感じました。

 

そしてスプールとクラッチの距離ももっと詰められると思います。

スプールから離れてるバンタムのクラッチをオフセットさせるとこうなる

2018年11月16日

 

手デカ族の方々には違和感ないと思いますが、自分のように手が大きくない人間にはオフセットクラッチは必須です。

 

手前ミソで申し訳ないですが、一度オフセットクラッチを使ってしまうとノーマルクラッチでは違和感しかないんですよね…。

13メタニウムはクラッチを変える事でフィーリングが全然違うし破損の心配もなくなるのでオフセット仕様を作ってみた

2019年1月2日

さいごに

 

間違いなく自分も購入するであろう20メタニウムMGL。すでにネットで予約してます。

 

マニアックスさんでも予約開始されて時点でお願いする予定ですが、SHIMANOの謎ルールで今回も右ハンドルからのリリースというのがなんだかなー。

 

クソー、右ハンドル使ってる人が羨ましいぜ。右ハンドル使ってるヤツ全員死ねば良いのに。

 

まあそんな冗談が出るぐらい早く使ってみたいリールです(笑。

 

とりあえずフィッティングのために右ハンドルを1台購入して、その後追っかけて発売される左ハンドルを麒麟の6倍首を長くして待ちたいと思います。

 

では。

1 個のコメント