KDW初のショップイベントを終えて

地元足立区にあるプロショップ『マニアックス』さんで、KDW単独では初となるショップイベントを無事に(?)終える事ができました。

 

来店頂いた方々、ありがとうございました。

 

【かけづかのツイッターアカウントをフォローしてもらえると最新記事をお届けします】

 

KDW調子にのってんじゃね?

 

こんにちは、ほぼフリッパーややクランカーのかけづかです。

 

リールカスタムパーツメーカーKDWを立ち上げてから初のショップイベントをやらせて頂きましたが、自分が思ってた以上に沢山の方が来てくれて、目玉商品である20メタニウム用オフセットクラッチをはじめ、各種オフセットクラッチやエレキ用マウントドアノブをお買い上げ頂きました。

 

ぶっちゃけ、下手したらお客さんが一人も来てくれないんじゃないかとメチャメチャ不安だったのですが、イベント開始と同時に早くもリール持ち込みの方で来てくれて、いきなり緊張がほぐれました(笑。

 

あまりの嬉しさにお客さんとパチリ。

 

その後も次々とリール持ち込みのお客さんが来てくれて、一人一人写真を撮ってる余裕もなく、嬉しくも忙しい時間があっという間に過ぎていきます。

 

『あれ? もしかしてKDW大人気なんじゃん?』

 

と勘違いしてしまうほど、ちょっと調子に乗ってしまうほど楽しい時間となりました。

 

いやいや、これはもちろんイベントをやらせて頂いた『マニアックス』さんの集客力あってこそ。自分がどこかのイベント会場でやっても全然誰も来なかったでしょうから。そこ勘違いしちゃダメだぞ、と(笑。

 

オフセットクラッチで格好がついた

 

それにしても、KDWを立ち上げてから約7年、まさか単独でショップイベントをやらせて頂けるようになるとは(しみじみ。

 

現在の仕事(リールカスタムパーツ製造)を始めたばかりの頃はオリジナル商品がほとんど無く、HEDGEHOG STUDIOのOEM商品が売り上げのほとんどでした。

 

しかもオフセットクラッチは当初、HEDGEHOG STUDIOからの受注で作ってたんですよね。もちろんデザイン設計製作は自分がやってましたが、発売当初はあまりの売れなさに生産中止状態でしたから。

 

なので一旦クラッチの販売を休止。自社の(無料)WEB販売サイトを立ち上げて、自社生産自社販売に切り替えます。そこでも全然売れなかったんですけどね(苦笑。

 

でもまったく売れなかった訳ではなく、ポツポツとは買って頂いてました。そして買ってくれた方は概ね製品を評価してくれてたように感じてました。

 

自腹購入してくれてブログで激推ししてくれた8worksさんには今でも足を向けて寝れません(ご自宅知らんけどw。

 

転機は2018年、SHIMANO18バンタムMGLが発売された年。その年のはじめのジャパンフィッシングショーで初めてバンタムを触った時に、「クラッチをオフセットさせたら凄く使いやすそう」と思ってしまったんですよ。

 

でもクラッチって売れないし、さてどうしよう、と。じゃあ無料で配っちゃえば良いんじゃん?、と(笑。

 

そこから先の詳しい話はここでは割愛しますが、買ってくれたユーザーさんの口コミやSNSの力で大きく拡散してもらえて、現在のような状態になる事ができました。

 

リールカスタムパーツメーカーとして、小さいながらも何とか格好がついたなぁ…(遠い目)、と感慨深いものがありますねぇ。

 

いやいや、まだまだ、これで調子に乗っちゃいかんぞ!

 

ショップイベントの流れ

 

さて、話を戻しまして、この日の流れをザックリお話したいと思います。「誰得やねん」とお思いでしょうがw、まあ良いじゃないですか(聞け、黙って聞け。

 

まずイベント前日は三島湖に釣りに行って気持ちをリフレッシュさせます。いやこれ、ただの暴挙なんですけどね(笑。

 

 

イベントより先に亀山虫太郎さんとの釣行予定があったんです。いやほんとに。

 

そしてまんまとデコって、もやもやしたメンタルのまま迎えたイベント当日。一応前々日までに搬入の準備はしておいたんですよ。そこらへんはマジメでした。

 

言うてもそんな大荷物ではありません。リールパーツなんて小さいですからね。

 

「まあ、どうせそんなお客さんこないだろう」と余裕かましてたところに、開始直後から次々をリール持ち込みのお客さんが来てくれて、一気に気分が高揚。お客さんが来てくれるってこんなに嬉しいものなんですね。

 

途中少しの時間客足が途切れる事があって、ちょっと一服でコーヒー飲んだりしながら、適度に休憩ができて良かったのですが、そこからまた第二波、第三波と忙しくも楽しい時間を過ごさせてもらいました。

 

終始テンパリ気味で至らない点が沢山ありましたが、マニアックススタッフの長谷川さんにサポートして頂きながら、無事に初イベントを終える事ができました。

 

改めて来店頂いたお客様、イベントのために店内の一角を確保して頂いたマニアックス様、ありがとうございました。

 

さいごに

 

普段Twitterで新製品の製造工程やバカ話、無料抽選会をやってると、テキストのやりとりだけなので気が楽なんですよね。

 

特に抽選会では、応募数が伸びなくても、そこまでメンタルにダメージはないんです。

 

それがリアルのイベントとなると話は別で、もし一人もお客さんが来てくれなかったら相当凹んでたと思います(笑。

 

「まあさすがに一人も来ないは無いだろうけど…、いやまて、意外と誰も来ないかもしれんぞ…」。

 

イベント開始前は本当に不安で、もし誰も来なくても心を乱さないように、変な覚悟だけはしてました(笑。

 

結果的には沢山お客さんが来てくれて、初めてのショップイベントにしては成功と言って良いんじゃないかと。

 

押すな押すなの大盛況」、とまではいかないですけど、自分的には満足です。

 

これを機に、また新製品を出すタイミングでイベントを開催したいと思います。

 

次回はもっとグレードアップできるように、今から色々考えますね。

 

ではでは。