リールカスタムパーツの自社製品とツイッターの相性が抜群な理由

なぜKDWがTwitter上で無料プレゼント企画をやるのか。

 

なぜ自分がTwitterのフォロワー数にこだわるのか。

 

ぶっちゃけたお話をします。

 

【かけづかのツイッターアカウントをフォローしてもらえると最新記事をお届けします】

 

すきま産業の個人メーカーにとってフォロワー数は宝

 

こんにちは、ほぼフリッパーのかけづかです。

 

自分(KDW)は普段からTwitterのフォロワー数にはこだわって運営してますが、それがただの承認欲求だけでは無いというお話をさせて頂きます。

 

現在カケヅカのアカウントは5000人以上の方にフォロー頂いてまして、自分でも中々凄い事になってると思ってるところです。

 

単純にフォロワー数だけならTwitter上には凄い方が沢山いるわけですが、自分の場合は元々”無名のオッサン”が”超ニッチな商品”を作ってるというだけの小さなアカウントでした。

 

そのアカウントが5000という数字に到達した事に大きな価値があると思ってるんですよ。

 

いつもTwitterやこのブログを見てくれてる方はご存知の通り、自分は主にバス釣り用リールのカスタムパーツを作ってまして、自社で作ったパーツやツールをプレゼント抽選会としてフォロワーさんに配ってます。

 

2020-03-18 13.19.07

 

しかしながら、バス釣りをする人の中でリールをカスタムする人って本当に少ないんです。抽選会のアンケートでもその傾向は明らか。

 

肌感覚ですが、おそらく出荷されたリールの総数からすれば1%もいないんじゃないかと。例えばある機種がトータル10万台出荷されたとして、そのリールをカスタムするのは1000人もいないと思います。

 

正式にリサーチした訳ではないのでかなりザックリした数値ですが、仮にそうだとしたら大きいメーカーさんは絶対参入してこないでしょう。

 

一種類のパーツをデザインして図面化して機械加工してパッケージして販売するのに、1000個とかでは利益にならないですからね(苦笑。

 

それがうち(KDW)のような個人でやってる小さいメーカーなら500個~1000個売れたら充分に利益になる訳ですよ。THE隙間産業(笑。

 

類は友を呼ぶ

 

大規模な市場調査をしてる訳ではなく、人を沢山使ってる訳でもなく、ただ自分の個人的な感覚でモノを作ってるだけですが、それでもこれだけの人にフォローしてもらえるんだなぁ、と。

 

こんなの誰が欲しいねん!」と思ったりする事がありますが、自分が最高に欲しいと思うモノをTwitterに出すと、世の中の一握りの変態共感してくれる人の目に止まるんですよね。まさに類は友を呼ぶ(笑。

 

自分が子供の頃には無かった職業、『リールカスタムパーツ製造業』。普通の会社員でもなく公務員でもなく、個人でパーツをデザインして作る人。

 

KDW自社工場 (26)

自分の商品を価値と交換するという考え方

2019年1月21日

 

デザインから図面を書いて機械加工までを1個人でやってるのはもしかしたら世界に1人だけかもしれない職業です。成功と呼べるほど稼いでないですが、何とか食えてるのはインターネットのおかげ。

 

つまりカケヅカとKDWをフォローしてくれてる人たちのおかげで今仕事が出来てます。

 

お世辞でもなんでもなく、そういう世の中になったんですよね。製品や情報を発信し続けてれば一定数の人にフォローしてもらえて、それが小さな会社の売り上げを支えてくれるという。

 

月の小遣い3万円、職業釣り人

 

こう書くと、「フォロワー=お金」と思われるかもしれません。まあそれは全力で否定はしませんが、でも釣り以外の部分では全然お金持ってないです。

 

自分の月のお小遣いは3万円です。これっておそらく世間一般的なお父さん達と比べて多くはないですよね(笑。

 

自分には子供が3人いて、春から長女が中2、長男が小6、次男が小2になります。家計は普通に大変で、今後もっとカツカツになっていくでしょう。普通ならお父さんのお小遣いはドンドン減らされる状況です(泣。

 

ただし釣りに掛かるお金はすべて経費にできます。ロッドもリールもルアーも、釣りにいくための交通費もレンタルボート代もすべて仕事に関係するものなので。

 

自分が釣りをする事で良いアイデアが浮かび製品開発に反映されるので、釣りをする事自体が仕事なんです。

 

2020First fishing (24)

【おれのメタニウム】素ノーマルもフルチューンもなんでもアリのリールカスタム祭り

2019年1月31日

 

自分はバスプロではないですが、釣りでメシを食ってるので釣りのプロだと思ってます。

 

職業釣り人(笑。

 

釣り関係のモノづくりは超健全なブラック企業

 

もしも今の仕事が釣りに関係なくて、好きじゃないジャンルだったらKDWはただのブラックな会社です。

 

自分のフォロワーさんはほとんどが釣り人なので、この気持はわかってくれると思いますが、釣りができれば幸せなんです。

 

そして自分はモノづくりが大好きで、自分が使いたいモノや自分が欲しいと思うものを自分で作ります。

 

それを商品化して販売する事で生計を立ててるので、プライベートで欲しいものはほぼありません(笑。

 

以前の仕事の時は、給料の中から自由になるお金の多くを釣りに使ってました。きっと凄い額を釣りに使ってきたと思います。

 

車やボートやエレキはローンで買ってましたし、いつも財布の中にお金は少ししか入ってないのに、それで釣りに行ってしまうという。

 

新しいロッドやリールはめったに買えず、会社のハイエース(ディーゼル)で高速代をケチって下道で釣りに行ったり。

 

それが今ではそれなりに良い道具を買えるし、試合の前日は宿に泊って美味しいごはんを食べて布団で寝れるようになりました。

 

房総チャプター2019第3戦亀山ダム (204)

亀山湖で宿泊もできるレンタルボート屋【つばきもとボートさん】

2017年5月20日

 

それもこれも、ビジネスでお金を沢山儲けた訳ではなく、釣りを仕事に出来たからなんですよね。

 

フォロワーさんはKDWの宣伝広告部隊

 

Twitterのフォロワーさんがドンドン増えると、ニッチな商品の情報を拡散してもらえるんです。その代わりに新商品や限定品を無料でプレゼントする企画をやったりする事でお互いがメリットになると考えてまして。

 

そして親しくなったユーザーさんやフォロワーさんには無償で商品を提供したりします。それをズルいと感じる人がいるかもしれませんね。

 

でも雑誌やメディアに広告を出せば、凄い額が掛かってしまします。個人の小さなメーカーではとても無理なので、その代わりにフォロワーさんに投資をする訳です。

 

商品を提供する判断基準は自分の感覚で、ぶっちゃけ気分です(笑。自分が良いと思った人には結構色々渡してますね。

 

例えば釣りブロガーさんとか、SNSでの有名人とか。それはもしかしたら”自分と感覚が似てるから”なのかもしれません。

2019-12-18 19.57.53

念願のバス釣りブロガー忘年会開催!! 楽しすぎて時間が一瞬で過ぎてしまった1日

2019年12月26日

 

発信するって凄く労力を必要とするので、奉仕の精神がないと続かないんですよね。

 

見てくれる人を楽しませたい”という気持ちがあるんだと思うので、そういう人にはぜひKDWの商品をつかってもらって、正直な感想を発信して欲しいんです。

 

つまり勝手にテスターとして、広告塔として働いてもらってるというか(笑。もちろん何の強要もしません。お金を頂く事ももらう事もしません。

 

ただ使ってくれればそれで良いんです。

 

プレゼントを受け取った人は、KDWの宣伝広告部隊として広報活動をしてくれてると思ってます。本人にそのつもりがなくても、製品を使う事で勝手に宣伝になってるはずなので。

 

自分が全国を飛び回って製品の説明をする訳にはいきません。でもユーザーさんが使ってもらう事で、自分が行った事もないフィールドで自分の作った製品が他の人の目にふれる。お金を払って誰かに頼むより遥かに宣伝になりますよね。

なぜKDWはTwitter上で無料プレゼント企画をやるのかを考える

2020年1月20日

 

ブログやSNSは商品のカタログや取説

 

フォロワーさんが当選した商品をフィールドで使ってるのを見て、もしそれを見た別の人が興味をもってくれて、KDW商品を探してくれた時に検索でわかるようにするのが自分の仕事です。

 

KDWの商品をスマホやパソコンで検索してくれた時に、自分や仲間のブロガーさんが商品の紹介記事を書いてくれてれば、欲しい人が購入するキッカケになる事でしょう。

 

これまでコツコツとモノづくりと発信の両方を続けてきて、今色んな事がひとつの流れになったと感じてます。

 

ただしこれには大きな前提があって、どんなにニッチな商品でもユーザーさんが欲しいと思ってくれないと成立しないという事です。

 

要らないものにお金を払う人はいません。要らないものはタダでも要らないんです

 

逆に欲しいものなら金額に関係なく買ってくれる人は買ってくれます。

 

自分の作る商品を高いと感じる人も多いでしょう。でも比べるものがない商品はすべて適正価格なんです。

リールカスタムパーツが高いと感じるならそれは要らないものだと言う事でしょう

2019年6月4日

 

ただでさえニッチな商品で、その上それなりに値段が高いとなれば、多くの人は買うのを躊躇するかもしれません。でも代わりの商品がなければ価格競争にならないんです。

 

価格競争にならない商品についた値段、それが価値だと考えます。

 

その価値を少しでも多くの人に提供するために、欲しい人のところへ情報を届けたい、届けなければと。

 

フォロワー数マウントに意味はない

 

ツイッターのフォロワー数が多いと偉い訳ではありません。フォロワー数の多さでマウントを取る事に意味はありません。

 

少なくとも自分の場合のフォロワーさんとは、まさに今の仕事をフォローしてもらってる人たちです。

 

害悪なフォロー(マルチとかバラマキとかbotアプリetc)を積極的に消して、ほぼ釣り好きな人だけにするようにしてます。

 

つまり繋がりを濃くしたいんです。釣りが好きな人でリールをイジるのが好きな人、そしてカスタム未経験だけど興味がある潜在ユーザーを掘り起こす事。

 

明確な目的があってフォロワー数を増やしたいと考え、増やすために動いてきました。

 

綺麗事ではなく、自分が今の仕事を続けていくためにフォロワー数を正しく増やしたいと考えます。

 

そのためにはフォロワーさんにもメリットがないとお互い良い関係を築けないですから、定期的に無料プレゼントや商品提供をしていきます。

 

ただし無料プレゼント企画も大きくなってきまして、種類によって縛りを設けてなるべく初当選の人を増やしたいと思ってるんですよね。

 

でも今回は5000フォロワー到達記念という事で縛りなしでやらせてもらいました。

 

本当に多くの方に支えてもらって今の自分があると思ってます。

 

これからもお互いが良い関係で居られるよう、少しでも有益な情報や楽しい発信を続けていきたいと思います。

 

ツイッターやブログを見て、何かお役に立ったり元気になってもらえたら幸いです。

 

では。

↓ こちらも良く読まれてます ↓




スポンサーリンク



スポンサーリンク