リール保護シール【WANEE’S プロテクションデカールKIT】で傷だらけのリールをドレスアップ!!

傷だらけになったリールを保護シールでデコレーション。

ワーニーズ(WANEE’S )というメーカーから出てるプロテクションデカールKITが良さげだったので人柱として試してます。

【かけづかのツイッターアカウントをフォローしてもらえると最新記事をお届けします】

リールの傷防止&保護にプロテクトデカールKIT

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのかけづかです。

先日リールの保護シール【WANEE’S プロテクションデカールKIT】というのをマニアックスさんで見つけて買ってみました。

WANEE'SプロテクションデカールKIT (1)

プロテクションデカールKIT。この状態で陳列されてます。機種と左右ハンドルでデザインが違うのでご注意を。

かなり昔ですが、自分もオカッパリ時代にリールの置きキズには悩んでたのを思い出して、これならキズ防止とキズ隠しの両方に良いのではないかと思ったんですよね。

機種ごとに結構ラインナップがあるみたいで、その全部は把握してないですが、カーボン調から派手なカモ柄まであるようです。

今回はお試し的にSHIMANO16メタニウムMGL用(右ハンドル)と16アルデバランBFS XG用(左ハンドル)を買って貼り付けてみました。

WANEE'SプロテクションデカールKIT 16アルデバランBFS 用

16アルデバランBFS XGにプロテクションデカールKITを貼ってみたところ。デザインを際立たせるためにピンク系をチョイス。オッサンが使うにはキツいけど、まあ剥がせるので良いかと(笑。

WANEE'SプロテクションデカールKIT 13メタニウム用

13メタニウムにプロテクションデカールKITを貼ってみたところ。中古で買ったリールなので傷だらけだったが、これならかなり傷をわからなくできてるかと。

これは意外とアリかもしれないですね。

キズだらけの13メタニウムをドレスアップ&傷かくし

パーツ取り用に中古で買った13メタニウム(右ハンドル)があるのですが、これが酷く傷だらけでして。

SHIMANOSHIMANO13Metanium-HG

オカッパリで使ってたと思われる13メタニウム。リール上面の傷が特に酷い。ちなみにクラッチ以外はノーマル。

SHIMANO13Metanium-HG-2

13メタニウムの側面。やはり傷だらけ。リールの性能にはなんの問題もないけど、できればキレイな状態にしたいと思いませんか。

自分は普段の釣りでは左ハンドルしか使わないので、右ハンドルのベイトリールは完全に観賞用になってます。なのでプロテクションデカールKITはうってつけのドレスアップになるのではないかと。

今回は手順と一緒に作業内容を紹介してみたいと思います。

まず用意したものですが以下の通り。

  • 脱脂用の無水エタノール
  • キムワイプ
  • ピンセット

以上。

無水エタノール&キムワイプ

いつもの無水エタノールとキムワイプ。ティッシュだとケバケバが残るので、リールメンテにはキムワイプが最適。脱脂には無水エタノールが塗装にやさしい。

リールの余分なグリスをふき取るのに最適な【キムワイプ】とは

2017年4月13日

デカール、つまりシールなので、リール表面の油っ気は完全に取り除かないと剥がれる恐れがあります。

シンナー系を使うと塗装に影響が出そうな気がしてイヤなので、ここは無水エタノールが最適と判断。

釣り道具をサビさせないお手入れの方法 無水エタノール

2017年9月1日

そして安定のキムワイプ。

それではこの先は画像中心に説明していきますね。

WANEE'SプロテクションデカールKIT (10)
WANEE'SプロテクションデカールKIT -3

プロテクションデカールKITの取説。画像で貼る場所が指示されてます。最初ちょっと戸惑いましたが、見本の画像をもとになんとか作業を進めます。

WANEE'SプロテクションデカールKIT  (11)

カーボン柄のプロテクションデカールKIT。リールによってパターンが違いますが、基準となる位置を決めて貼り進めていく。リール上面は簡単。

WANEE'SプロテクションデカールKIT  (13)

サイドになると少し複雑な感じですが、まあ見ればわかるレベルです。

WANEE'SプロテクションデカールKIT  (15)

13メタニウムにプロテクションデカールKITを貼り終えたところ。傷を隠すのが目的なので、位置は微妙にズレてる箇所あり(苦笑。

WANEE'SプロテクションデカールKIT  (19)

傷を完全に隠せてないですが、それでもプロテクションデカールKITを貼る前とは雰囲気がガラッと変わります。

新品16アルデバランBFS XGを保護目的でドレスアップ

次はほぼ新品のSHIMANO16アルデバランBFS XGを保護目的でデカールチューンしてみます。

16アルデバランBFS用には敢えて目立つピンクのカモ柄をチョイス。

WANEE'SプロテクションデカールKIT  (21)

ほとんど新品の16アルデバランBFS XG。こちらはフルに近いカスタム済み。ボディーに傷が無いので見た目重視で貼っていきます。

まあいざとなったら剥がせば良い訳ですから、ちょっと冒険してみても良いかなと(笑。

WANEE'SプロテクションデカールKIT&16ALDEBARAN BFS XG

プロテクションデカールKITを貼る順番は端折りましたが、13メタニウムよりデカールの点数は多いです。ちょっと複雑。

WANEE'SプロテクションデカールKIT &SHIMANO16ALDEBARAN BFS XG

16アルデバランBFS XG用のプロテクションデカールKITは貼る面積が多い気がします。少々の局面ならデカールを伸ばしながら密着させられます。

16アルデバランBFS 用WANEE'SプロテクションデカールKIT

16アルデバランBFS XGにピンク系のプロテクションデカールKITはかなり目に痛い(笑。でも世の変態アングラーの方でこういうの好きな人いそう(おまえが言うな…。

リールを逆さに置いても大丈夫なのか

プロテクションデカールKITを貼る目的はドレスアップとリールの保護だと思いますが、すでに傷だらけのリールのキズ隠しだけでなく、新品リールに貼れば傷防止になります。

オカッパリでコンクリート護岸など、地面が硬いところにリールを下にしておいてしまった場合でもキズがつきにくくなりますよね。

WANEE'SプロテクションデカールKIT  ) (67)

プロテクションデカールKITは適度な厚みがあるので、平らな地面ならリールの塗装面を少しだけ浮かせる事になります。ほんの少しの差が大きな差になるかも。

WANEE'SプロテクションデカールKIT  ) (68)

わざわざリールを下にして置くことは無いですが、魚が掛かって慌てた時など、ついやってしまうことありますよね…。

プロテクションデカールKITを貼る事で完全にリールをキズから保護できる訳ではないですが、付ける事で防げる傷は確実にあるかと。

リール自体に加工を施す訳ではないので、気分で貼り替えたりして、見た目を変えて遊ぶのも良いと思います。

※貼り替え・剥がしたい時は

剥がす場合はドライヤー・ヒーターなどで少し温めてから剥がすと糊残りが少なくなりますのでオススメです。一部のDAIWAのモデルで塗装の密着が弱いモデルがありますので、なるべく温めてから剥がすようにしてください。

糊が残った場合は、糊が残っている部分を剥がしたデカールでペタペタと貼り剥がししていただくと結構とれます。

脱脂剤などを使用しても取れますが、溶剤が強い場合、塗装を痛める場合がありますので、溶剤系を使う場合はご注意ください。

※クリアー系のデカール貼り付けについて

クリアー系のデカールは引っ張れば良く伸びますが、のばさないようにして貼り付けしてください。寸法もズレますし、クリアーの剥離の原因にもなります。位置決めの際にも、剥がそうとすると伸びますので、なるべく一回で位置を決めて、はりつけするようにしてください。

※洗浄する場合は

水洗い・中性洗剤で洗う場合は大丈夫ですが、溶剤系のクリーナーを使用すると、クリアーの表面が荒れる場合がありますのでご注意ください。

との事です。

さいごに

今回紹介したワーニーズ(WANEE’S)さんですが、バイクのカスタムパーツを取り扱ってるお店さんのようです。これまで存じ上げなかったのですが、プロテクションデカールKITは凄くおもしろい商品だなと。

今回は手持ちのSHIMANO機種で試してみましたが、Daiwa/abu製リールのプロテクションデカールKITもあるようです。

プロテクションデカールKITラインナップ

単色やカモ柄、カーボン調など、機種ごとに色んなパターンがラインナップしてるようです。画像はWANEE’SさんのWEBSHOPからお借りしました。

誤解の無い様に断っておきますが、自分はワーニーズさんとは面識はなく、今回はもちろん自腹購入です。

決してステマとかではありません。

というか、最近このブログでこういった商品を紹介するのは珍しいかと思います(笑。

それだけ可能性を感じたというか、こういう商品がもっと広まれば良いのではないかと素直に感じたんですよね。

歴戦の傷跡が生々しいリールももちろん良いですが、キレイな状態をわざわざ傷付けたくは無いです。

そしてキズだらけになったリールを使うのはむしろカッコ良いとも思いますが、プロテクションデカールKITで見た目をガラッと変えるのも気分転換に良いかもしれないと思ったり。

リールのカスタムパーツを作る仕事をしている自分ですが、ボディーそのものはどうしようも出来ないので、プロテクションデカールKITで遊んでみるのも楽しいですね。

実際にどの程度リールを保護してくれるのかは今後フィールドで使ってみて、記事に追記していけたらと思います。

お値段的に全塗装するのと比べたら安いと思うので、気軽に愛機のドレスアップをしてみるのも良いのではないでしょうか。

マニアックスさんで取り扱ってますので、気になる方は買い物のついでに実物を見てみると良いですよ。

では。

WANEE’SさんのWEB SHOPはこちら↓

本家WANEE’Sさん以外だとマニアックスさんしか取り扱いが無いと聞いてたのですが、普通に楽天にありました…。

↓ こちらも良く読まれてます ↓




スポンサーリンク



スポンサーリンク