SHIMANO13メタニウムをマグネットブレーキ仕様にチューニング

来週開幕するチャプター房総開幕戦。

 

結局ギリギリになっていろいろ準備を始める

毎度おなじみの展開です(笑。

 

そこにきてようやくリールのメンテナンスに

着手するのです。

 

今期もサポート頂けるAvailさんから

ちょっと驚きなプロト品が届きました。

 

SHIMANO13メタニウムの

マグネットブレーキシステム。

 

20160318_123716

 

同じくプロトのチョイ深溝スプールを

お願いしていたところに

同梱して送って頂きました。

 

プレッシャーをかけてくる営業さん

 

プレッシャーと言っても、

今期は成績出してくださいね、という

事ではなく。

 

↓ ある意味もっとキツいプレッシャー

20160318_102538

↑ なんですと!?

 

リールをバラすのはなんとかなりますが、

ユニットの取り付けとなると

やったことないですがな。。。

 

しかもプロト品となると

ホームページにはまだ説明とか

載ってないし…。

 

いやいや、やりますよ、

おもしろそうだし。

 

Avail営業のON田さんには

いつもお世話になってますから。

 

マグブレーキユニット取り付け

 

さあ張り切って取り付けましょう、

と意気込んだところでしたが、

あっさり取り付け完了。

 

20160318_123526

営業ON田氏の無駄なプレッシャーのおかげで

あぶなく全バラしするところでした。

 

これについては改めて工程を

説明しますね。

 

あぶないあぶない、

と言いながら

けっこうバラしてしまったんですけどね…。

 

今回のマグブレーキユニットは

外部ダイヤルで調整できるので

便利ですよ。

 

↓ 外部ダイヤルが固めだったので調整

20160318_123244

↑ ここをほんのチョッとゆるめると快適に回ります

 

絶対おススメのスタードラグ

 

今回は二台ある13メタのうちの

フルカスタムじゃないほうを

メンテ&チューニングしてます。

 

そこで絶対おススメなのが

カスタムスタードラグ。

 

20160318_124001

 

足が六本でしかも長いんです

 

左ハンドルを使用してる自分としては

パーミングしながら

ドラグでラインスラックを取るんですよ。

 

そのとき指にかかる部分がノーマルより

一本多い六本足で、しかも足が長いのが

非常にやりやすいんです。

 

これの取り付けも改めて説明しますんで、

今回は割愛します。

 

で、取り付け後こうなりました。

 

20160318_125912

 

今回はオフセットハンドルも付けて

リテーナーとロックナットも交換してます。

 

これでHEDGEHOG STUDIO製の

ベアリングも装填して

フルカスタム終了です。

 

マグネットブレーキシステムにしたことで

スプールのSVSユニットが無い分、

より軽いものも投げられるということです。

 

これはかなり楽しみです。

 

昨シーズンまでフリッピングに使ってたのですが、

今シーズンはちゃんとクラッチを切るメソッドに

使ってやろうと思います(笑。

 

それにしてもどうですか?

 

20160318_130142

↑ なかなか良いでしょう?

 

重量のあるノーシンカーとか

おもしろそうだな。

 

20160318_130201

 

来週インプレッションしたらまた

報告しますね。


スポンサーリンク



スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です