スポンサーリンク



【釣り吉ホルモン ピッグダディー(PIG DADDY)】往年のビッグダディーより品質良好

釣り吉ホルモンの【ピッグダディー】が、往年の一軍ビッグダディー並みかソレ以上に良いと思った話。

 

ラバージグ&ポークって釣れるイメージですが、かつてのポークはハズレが多すぎでしたよね(笑。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると最新記事をお届けできます】

 

往年のビッグじゃない「ピックダディー」

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカです。

 

昔からラバージグにポークをセットして使うのが好きだったのですが、去年買ってあった「ピッグダディー」を使ってみました。

 

PIG DADDY

昔からポークって好きでした。なんとも言えない質感が良いんですよね。

雨の亀山ダムは辛いよ 春の釣りに体をあわせるリハビリフィッシィング

2019.03.07

 

じつは今でも十数年まえに使ってたアンクルジョッシュの”ビッグ”ダディーがあるのですが、なにせNBCのトーナメントで使えない非Feco品。

 

かつて自分のフェイバリッドの1つだったのですが、試合で使えないルアーは普段の釣りでも気が入らなくて、いつのまにか使わなくなってしまってました。

 

アンクルジョッシュ ビッグダディー
アンクルジョッシュ ビッグダディー

数年ぶりに開けてみましたが、もはや回覧注意レベル(笑。原型を留めてるのは二軍ポークです。一軍はグチャグチャすぎてお見せできる代物ではなくなってました…。

亀山ローカルトーナメントの隠れた必殺わざ 軽量ラバージグ&ビッグダディのコンボ

2016.02.26

 

ちなみにラバージグも、自作のカケラバが今でも一番自信を持って使えると信じてるのですが、これも鉛のヘッドなのでアウト。

こだわりの【自作ラバージグ】自信作だけど試合では使えない

2017.07.21

 

結局自信を持って使える市販のラバージグがなく、ポークは非認定品という事で、完全にお蔵入りしてました。

 

それがNBCの房総チャプターで使える認定品のポーク、「ピッグダディー」の登場によって再びジグ熱が湧いてきたという訳です。

 

PIG DADDY-2

Fecoマーク入りという事で、NBCの試合でも使えます。

 

超一軍ポークの質感

 

今回使った「釣り吉ホルモン・ピッグダディー」ですが、最初から良い感じでした。非常にしなやかで、一軍ポークになる素質は十分です。

 

PIG DADDY-3

最初からグニュグニュで良い感じ。家では家族に見られないように気を付けましょう(笑。

 

これでもポークにはうるさい自分なので、品質の高さは見てすぐにわかりました。

 

2匹入りで定価1600となってますが、これが高いと感じるかはその人次第。自分としては格安だと思います。

 

アンクルジョッシュのポークを仕込んだ経験のある人ならわかると思いますが、「一軍ポーク」の素質のある子と出会える確率はけっこう低いんですよね(笑。

 

何個も何個も買って、やっと使えそうな子が入ってるんです。そしてそれを鍛え上げて使えるポークにするんですが、その手間と投資を考えたら、最初からそれなりに使えるポークを買える訳ですからね。

 

ポークは消耗品だった

 

かつてのビッグダディーなど、ワームに比べて持ちが良いポークですが、それでもバスにかじられ続けると痩せて違うルアーになってしまいます(笑。

 

しなしなになったポークでも別の使い方で釣れるのかもしれませんが、ビッグダディーのように質量が重要なルアーが小さくなってしまうと威力半減だと思うんですよね。

 

今回買ってみた「ピックダディー」は足の方まで肉厚で、品質も非常に良いです。

 

PIG DADDY-4

新品ですでにこの状態でした。この柔らかさでこの値段は安い、安過ぎる。

【NORIES 4.3FG DADDY(FGダディー)】の存在感が凄い

2017.11.13

 

昔のビッグダディーは大瓶(確か12匹入り)で買って、その中の1個か2個一軍になれば上等、ヘタしたらまともに使えるのが1個もないというガチャでしたから(爆。

 

当時はビッグダディー自体が常時品薄で、あればまとめて買うんですが、その中にタコの足のような超一軍が入ってた時の歓喜、煮ても焼いても食えないような硬ったいのしか無かった時の落胆。

 

まあポーク世代の同士ならわかってくれる話しだと思います(笑。

 

きっと釣り吉ホルモンの社長さんもこんな思いをしていた一人なんじゃないかと勝手に想像してます。

 

さいごに

 

なにかこう、時代が一周回ってポークのような天然素材が見直されてきたのかもしれないですね。

 

今どきはワームに味や匂い、自発的な動きやリアルなフォルムが当たり前に備わってるんですが、やっぱり天然素材のそれには敵わないと思うんですよ。

 

PIG DADDY-5

しかしグロいっすねー(笑。釣り人じゃなかったら食欲失くすレベルです。

 

まあ本物の餌に近ければ釣れるのか、という事を言いたい訳ではなくて。そもそもバスは普段ブタ肉を食べないですからね。

 

本物の天然素材にしか出せない動きってあるんじゃないかと思ってしまうんですよ。人間が釣られてるだけかもしれないですが(笑。

 

これもルアーの楽しみの1つなんじゃないですかね。

 

ただ管理が面倒なルアーなんですよ、ポークって。だからいつも柄杓に水を入れて使わない時は浸しておくんです。

 

面倒だけど、そのぐらい釣れると思い込めるルアーなんですよ。

 

ではでは。


スポンサーリンク



スポンサーリンク