【お詫びとお願い】ラダーPROスクエアに不具合がみつかりましたので、無償対応させてください

2019年以降のラダーPROスクエアで丸型のロックナットを採用した製品に不具合がある可能性が見つかりました。

 

ラダーが船から外せなくなる可能性があります。ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。

 

対象のお客様におかれましては大変お手数ですが、送料着払いにて有限会社欠塚製作所まで発送頂けますでしょうか。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると最新記事をお届けできます】

 

ノブを強く締め込むと外せなくなる

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカです。

 

この度ラダーPROスクエアに不具合の可能性がある事が発覚いたしました。

 

2019年から発売された製品で、ノブのロックナットがアルマイト仕様になったタイプですが、ノブを強く締め込んだ後にボルトネジからノブが抜けてしまう可能性があります。

 

ラダーPROスクエア

2019年以降に販売されたジュラルミンロックナットを使用したタイプが対象です。ノブと同じカラーのアルマイトのロックナットでノブを固定するタイプです。

 

これについては無償修理をさせて頂きますので、送料着払いでこちらに発送頂くか、販売元であるマニアックスに持ち込んで頂ければと思います。

 

発送先住所

〒123-0852

東京都足立区関原2-37-6

有限会社欠塚製作所 欠塚実(欠塚実だけで届くと思います)。

電話番号 090-8597-4539

 

修理した商品は責任を持ってお返しさせて頂きます。

 

緩みの原因

 

今回の緩みの原因ですが、これまで使っていた金属固定用の接着剤を永久固定のものから緩み止めに変更したためでした。

 

ノブをジュラルミン削りだしのロックナット式に変えてから、交換できるようにあえて外せるようにしたのですが、これが裏目に出てしまったようです。

 

今後はまた永久固定の接着剤に戻すつもりですが、これまでにお買い上げ頂いた数台は緩み止め接着剤を使用したものです。

 

今後接着剤の固定強度が上がり、緩みにくくなってはきますが、それでも永久固定の接着剤に比べると強度は落ちます。

 

万が一現場でノブが緩んでしまうとラダーが船から外せずに大変な作業になってしまいます。

 

2019年以降にお買い上げ頂いたお客様は製品のご確認をお願いいたします。

 

現場でノブが外れてしまった際の応急処置について

 

症状が出る前に対応作業が済めば良いのですが、もしも気づかないで使ってしまい現場でノブが外れてしまった時の処置について説明させてもらいます。

 

もし現場でモンキーレンチ等の工具があれば、一度ノブを締め込んでもらって、ロックナットとノブをしっかりと締め込んでもらいます。

 

その上でロックナットだけをモンキーレンチで外れる方向にまわしてもらえばネジが緩むと思います。

 

ラダーPROスクエアパープル

ノブを緩めるには反時計回りにまわして頂きます。ノブとロックナットはできるだけ強く締めておいてください。その上でロックナットだけを回してやるとネジが緩むと思います。

 

その際にキズになった部品は無償で新しいものと交換させて頂きますのでご安心ください。

 

もしも工具をお持ちでない場合、フィッシィングプライヤー等のレンチでロックナットを回してもらえば外れるかと思います。

 

ラダーPROスクエア不具合

釣りをする人の多くが所持してると思われるプライヤー的なもので緩めてもらっても構いません。もしお持ちで無い場合、周りの釣り人の方からお借りしてもらえればと思います。勝手を言って申し訳ありません。

 

その場合は握り損ねて怪我などされないよう十分気を付けて作業されてください。

 

最悪ネジが緩まない時はネジそのものをプライヤーなどで挟んで回してもらっても構いません。

 

それでキズついたり破損した場合はすべて新品と交換させて頂きます。

 

願わくばそうなる前の段階で対応修理をさせて頂けると助かります。

 

どうぞ宜しくお願いします。

 

カケヅカデザインワークス 欠塚実


スポンサーリンク



スポンサーリンク