【この5年を振り返る】チャンスは平等に訪れるが手にできるのは準備ができてる人だけらしいぞ

どこかで見たようなタイトルですんません。

 

自分にとってここ5年ぐらいがあまりにも濃い時間だったので、勝手に振り返ってみたいと思います。

 

気まぐれ記事失礼します。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると最新記事をお届けできます】

 

人生の濃い時間

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのかけづかです。

 

急におかしい事を書きます。自分の人生の中で色んなものが噛み合ってきたのがここ5年ぐらいだなーと思うんですよね。

 

まあこんな話聞きたくないかもしれませんが、釣りブログの中に定期的挟むシステムとなっておりますのでご了承ください(笑。

 

ちなみにこの手の記事はブログ的にPVとかアクセス数がまったく伸びず、完全に固定の読者に向けて書いてます。

 

ありがたい事に現在自分のTwitterのフォロワー数は4000人以上になりましたし、弱小ですがメーカーとしてのKDWユーザーの方も増えてきたと実感してます。

 

元々何者でもない自分の人生にとって、こんなに濃い時間があるとは想像もできませんでした。

 

季節外れのメロンの560倍ぐらい青臭い事を言いますが、自分にとって今が青春だなーと思う訳です(穴、穴を早く…。

 

先が見えない事が怖さ

 

さて今でこそこうやってワードプレスでブログを書いてますが、5年前は何も無かったですね。本当に何もなかった。

 

先が見えない事は怖いものですよね。今の仕事で食っていけるのか自分でも全然わからなかったですから。

 

以前は溶接工でしたが、NCマシンによるジュラルミンの切削加工を本業にするなんて、嫁や同居する両親に伝える時は人生で一番踏ん張った時でした。

 

まあ今だから言いますが、大きな大きな風呂敷を広げるだけ広げましたからね(笑。

 

立て直したばかりの自宅をさらに大きく立て直すとか、商売が成功したらあんな事やこんな事を…

 

何を言ったかも覚えて無い、もう脳が記憶を削除するレベルでそれっぽい事を並べて説得しましたから。

 

そして口に出したからには止める訳にはいかなくなり、先行き見えない中で機械の操作を覚えるために必死な毎日。

 

普通に車が一台買えるぐらいの値段の機械が数台工場に入ってて、使えなければただの巨大な鉄の塊ですからね。

 

怖さを誤魔化すように機械に向かう毎日でしたが、その間、嫁が働いて食わせてくれたようなものでした。感謝感謝です。

 

HEDGEHOG STUDIOの社長には、出来てもいない製品に対してかなり前倒しで支払いしてもらった事もしばしば。

 

社長にしてみれば投資のつもりで自分を育ててくれたのだと思ってます。

 

感謝してもし切れないほどの大恩人です。

 

先は見えなかったけど、自分の背中を推してくれる人の存在があったからこそ頑張れたんですよね。

 

自社商品を作れ

 

もはや記憶が曖昧になってしまいましたが、確か2012年の夏。いや逆算するとそのぐらいだったなと(笑。

 

HEDGEHOG STUDIOの社長から初めて電話をもらって、まあ色々あってリールパーツ製造業に転身したのですが、まったく先が見えなかったんですよね。

 

最初は自社商品ではなく、HEDGEHOG STUDIOの製品を専門に作る協力会社というスタンスでした。それがある時HEDGEHOG STUDIOの社長から自社をブランド化する事を勧められ。

 

電話の中での”ノリ”で「カケヅカワークス」とかそういう名前のメーカーにすれば良いんじゃないですかと。

 

これまで受注生産しかやった事がなかったので、「ああ、HEDGEHOG STUDIOに見限られたか」と落胆したものです(苦笑。

 

まあそれは思い過ごしで、その後もHEDGEHOG STUDIO製品の製造はやらせてもらってるのですが、それ以外になにか自分のオリジナル商品を作れという事だったんですね。

 

そこから何となく一部商品を自社オリジナルでリリースし始めます。それが5年ぐらい前になるでしょうか。

 

ちなみに『KDW(KAKEDZUKA DESIGN WORKS)』は、当時の長女の保育園パパ友の1人がウェブデザイナーで、その人が名付け親なんです。

 

カケヅカワークス」のロゴデザインをお願いしたら、「DESIGN」を入れる事を提案してくれて。

 

そんな流れで今のカケヅカデザインワークスになったんですよ。

 

そして当時格安で作ってもらったロゴを今もそのまま使ってます。自社ブランドのロゴとか誇らしかったなー。

KAKEDZUKA DESIGN WORKS

Availさんに特注で作ってもらった自社ロゴの置物。気に入り過ぎて無駄に露出してしまう(笑。

 

もちろん今でも気に入ってます。

 

無名のブログ開始

 

今KDWの代表作と言えばベイトリールのオフセットクラッチとステンレスラダーです。

 

最近だとチタンロックナットとかジュラルミン10Mソケットがありますが、5年前は1つも自社製品がなかったんですよね。

 

現在はブログやSNSで新製品を宣伝しますが、最初は単に好きで書いてるだけのモノでした。Twitterに至ってはアカウントだけ作って全然発信してなかったし(笑。

 

2015年の9月にワードプレスでブログ「カケヅカドットコム」を開始しましたが、当初は全く読まれずでした。

 

でも先輩ブロガーの人達に紹介してもらったりして、段々アクセス数も伸びてきて、そこから2年ぐらいは書くのが楽しくてしょうがなかった時期でしたね。

 

途中グーグルのアルゴリズム変動なのでブログのアクセスが激減して、一時は止めようと思ったりしたのですが、せっかく育てたブログです。ここは考え方を変えて、固定の読者の人に見てもらえればそれで良いと思う事にしました。

 

Twitterの面白さに目覚める

 

ブログの更新をお知らせする事が主な目的でやっていたTwitterですが、ブログの更新頻度が下がるのと反比例して発信が多くなります。

 

140文字で伝える事の楽しさに目覚めてしまったんですね(笑。

 

ブログやフェイスブックはダラダラとした長文でも公開できますが、Twitterは140文字という制限があるので、伝えたい事を簡潔にしなければいけません。

 

日々大量に流れるタイムラインの中で、少しでも目に止めてもらうように工夫する事にハマったんです。

 

関連書籍や有料の情報も沢山購入しましたし、日々いいね数が増えるのは楽しかった。

 

でもいいねやフォロワーがただ増えても意味が無い事に気づきます。自分は商売をしているので、欲しいユーザーさんに商品をアピールしなければと思うようになりました。

 

最初は無駄なつぶやきをダラダラ流すSNSでしたが、ある時から仕事のツールとして本気で運用するようになりました。

 

それってここ一年の事なんですが、無料抽選会が当たったんですよね。

 

自分の商品ができた時にすべてが繋がった

 

18バンタムMGLのオフセットクラッチ(定価7800円税抜)を無料で100個プレゼントする企画をやりました。

 

それはHEDGEHOG STUDIOのサイトでカートに入れてもらうとゼロ円で購入できるというモノでしたが、それはちょっと思惑が外れまして。

 

売り上げに貢献したかったのですが、システム上の問題でクラッチだけが一瞬で売り切れに(苦笑。

 

逆に労力だけを使わせてしまい、それでは申し訳ないなと。

 

そこで思い切ってTwitterでの無料プレゼント抽選会を開催してみたんです。これが大当たり。

 

16メタニウム用のオフセットクラッチを左右それぞれ50個ずつ合計100個を無料でプレゼントしたのですが、これまでコツコツやってきたブログとTwitterが機能しました。

 

ブログ「カケヅカドットコム」はそれなりに大きくなってましたし、Twitterもフォロワーが2000人ぐらいいたので、企画の拡散に貢献してくれたんですよね。

 

それから色んな抽選会を開催してきて、その影響で現在フォロワーさんは4200人以上になりました。

 

ブログやSNSで発信を続けてきた事が、自社製品を作って自分で宣伝するための重要なツールになってくれた訳です。

 

自分で作ったものを自分で宣伝できる訳ですから、これは楽しい。

 

いろんなものが1つに繋がったと思えた瞬間でした。

 

さいごに

 

ダラダラと振り返り記事を書いてしまいました(笑。これでも結構削って削って書いたんですけどね。

 

ここまで書いた通り、いろんな偶然とトライ&エラーの連続で今に至ります。

 

一言で言うならラッキーだったなと。

 

これまでの人生で何度も何度も目の前をチャンスが通り過ぎて行ったんだと思うんですよね。

 

その時は自分の準備ができてなかったと言う事じゃないかと。

 

準備とは環境であったり、資金的なものだったりと色々ありますが、一番は心の準備。

 

大きな震災で死にかけて、一度きりの人生で好きな事を思いっきりやろうと思えた事で、心の準備ができてたのかもしれません。

 

そのタイミングで今の仕事の話があった時に飛び乗れたんだと思います。

 

チャンスは誰にでも平等にある」と言いますが、だれもが掴み取れるとは限らない。せっかくチャンスが目の前にきても準備ができてないと以前の自分のように通り過ぎてしまうだけですから。

 

だから心の準備をしてチャンスというラッキーを待つという事です。

 

商売で成功して金持ちになった訳ではないですが、好きな釣り道具に囲まれて仕事が出来るのは自分にとって幸せな事ですね。

 

そんなヤツが作るモノですが、今後ともどうぞ宜しくお願いします。

 

毎度支離滅裂な文章ですが、最後まで読んで頂ききありがとうございました。

 

では。

↓ こちらも良く読まれてます ↓




スポンサーリンク



スポンサーリンク