【制作難航】REVO LTX-BF8・ACL-BF7クラッチ

2016年モデルのレボ用クラッチを

製作してるのですが、

これのデザインが決まらない。

 

凝った肉抜きをすると

見た目は良いのですが

指が当たって気になるんですよ。

 

クラッチは釣りの間

ずっとさわってる部分です。

 

ここは切り心地を

優先させたいのが本音です。

 

使ってナンボ

 

20160705_073341

リールのカスタムって

確かに見た目も大事です。

 

カスタム自体二種類あって、

性能を向上させる為と

見た目を良くする為。

 

あるいはそのどちらも

満足したい。

 

そこにあってクラッチは

機能と見た目の両方を

考えなくてはならないという。

 

正直今回のクラッチは

過去の作品の中でも

5本、いや3本の指に入るくらい

良い出来なんですよ。

(の予定)

 

とにかく触り心地が

気持ちよいのです。

 

20160630_173912

 

それをブランキングする事で

指触りの感触消してしまいたくない、

というのが本音なのです。

 

わがままを通すのか

 

モノを作って生計を立てる、

という事でいうと、

売れてくれないと食っていけません。

kakedzuka.com
Nothing found for 2016 05 Post 7203
http://kakedzuka.com/2016/05/post-7203/

 

売れてくれないと

次がないのです(笑。

 

でも売るために自分の考えや

拘りを全部捨ててまで

ものづくりをするのか?

 

という葛藤はいつもあります。

 

もしも自分が使うとしたら

売り物とは別に

自分専用のクラッチを削るのか?

 

それは買ってもらうお客さんを

冒涜してる事になってしまいます。

 

やはり自分が使ってて

納得するものをお客さんにも

買ってもらいたい。

 

悩み続けてます

 

いろんなタイプをデザインしました。

 

ボツ

 

その中の主要な数タイプは

実際に削って感触を確かめました。

 

20160712_151519

 

でも決まらない(汗っ。

 

良いものは自分の中で

決まってるんです。

 

でも少しは遊び心も

欲しいですよね。

 

最低限のブランキングは

入れた方がよいのか。

 

クラッチ素案②

 

シンプルなピンホールなら

気にならないのかな、とか。

 

ピンホール

アウトラインが決まってから

こんなに悩んだ事は

初めてだな。

 

デザインは一つだけ

 

いっそのこと、数タイプ作って

売り出しちゃえば良いのでは?

 

20160713_155454

 

と思っても、そうは行かないのが

難しいところなのですよ。

 

削ってそれで終わりなら良いですが、

表面処理に何工程もかかるんです。

 

それを少量ずつ数タイプ作ってると

一個あたりいくらになってしまうか。

 

ただでさえ大量生産ではないのに

そこからさらに少なくしてしまうと

値段が数倍に跳ね上がって

しまいます。

 

現状ではデザインは一種類しか

できません。

 

だから悩むのです。

 

でもそろそろ決めないとな…


スポンサーリンク



スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です