【KDWステッカー】メーカーを立ち上げて5年、ついにオリジナルステッカー作っちゃいました!! 感無量です!!

バス釣りメーカーとして夢の1つだったステッカー作りました。

 

これについての自分の思いみたいな事を書かせてください。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると最新記事をお届けできます】

 

KDWオリジナルステッカーが完成

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカです。

 

メーカーを立ち上げて5年、ついに念願だったオリジナルステッカーを作りました!

 

KDWステッカー

屋外でも使えるように耐候タイプでマット仕上げにしてもらったKDWステッカー。かなり気に入ってます‼️

 

このステッカーですが、リールペイントの巨匠DECADEWORKS(ディケイドワークス)さんに手がけてもらいました。

 

decadeworksさん、その道では知らない人は居ないと言うほどのカリスマで、なんとインスタのフォロワー15000人超え(汗。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Carbon black #shimano #metanium #shimanofishing #shimanoreels #blackbass #bassfishing #fishing #divisionrebeltackles #varialhandle #decadeworks

Kota Kasaiさん(@decadeworks_kasai)がシェアした投稿 –

 

美しいリールペイントから個性豊かなアパレルを展開している岐阜のカリスマです。見てるだけでも楽しいONLINESHOPを一度覗いてみてください。

 

 

話題のイベント『WOBBLING』の会場になった東京赤坂のバスフィッシングスポット・弁慶堀に飾ってもらってるカスタムペイントリールもdecadeworksさんの作品なんですよね。まだあるのかな。

(ちなみにリールを飾ってる台座はKDW製だったりする…)

 

ロゴデータ以外は何から何まで教えて頂きありがとうございました。ホントこういうのわからないので(汗。

 

ステッカーを作れなかった理由

 

メーカー立ち上げから5年、やっとステッカーを作れたのですが、「いやいや、ステッカーぐらいいつでも作れたでしょ」と思うでしょうか、思いますよね(笑。

 

それが自分の中では作れなかったんですよ。メンタル的な問題で。

 

無名のオッサンが一人で始めたメーカーでしたから、ステッカーなんか作っても誰もいらないと思ったんですよね。

 

知り合いとか仲間内だけで盛り上がっても悲しいですからね(笑。

 

個人の楽しみで作るのは全然良いと思います。

 

でも一応メーカーとしては認知度が上がってファンの人から欲しいと言ってもらえるまでは、気持ち的に作る気になれなかったんです。

 

それよりも製品作りの方に注力して、良い商品を世に出せるようになってからでも遅くないと。

 

そして自身のブランディングというか、カケヅカの名前をもっと知ってもらってからじゃないとステッカーは作らないぞという謎のポリシーがありました(笑。

 

まあ逆に、先にステッカーを作って認知向上の戦略として使う方法もあったんでしょうけどね。むしろそっちが普通かもしれません。

 

単に自分に自信が無いだけだったんですけどね…。

 

ステッカーとTシャツを先に作るメーカーは潰れる?

 

メーカーを立ち上げる時にとある方から聞いた事なんですが、「ステッカーとTシャツから作るメーカーは早くに潰れる」という教えがありまして。

 

誤解があってはいけないのですが、元々技術があって知名度がある方がブランドを興す場合は全然別です。

 

その場合はむしろステッカーから作らないとファンに怒られてしまうでしょう。

 

それとアパレル系とかデザイン系のブランドを立ち上げるなら周辺グッズは必須でしょうし。むしろそっちが専門というか。

 

自分の場合は金属加工業です。機械加工が専門で、ステッカーやアパレルは専門外ですから、基本的に外注しなくてはいけません。

 

そこに費用を掛けてステッカーを作っても、立ち上げ初期の売り上げには貢献しないでしょう。それではただの自己満足だと思います。

 

知名度が全くない状態で、ロクな商品も持ってない小さなメーカーが自己満足でステッカーを作ってもイタいだけですよね。

 

それなら少しでも多く設備と整えて、技術も習得し、自分に出来る事をやった上で売り上げに繋がるヒット商品が出たらステッカーを考えようかなと思ってました。

 

NBCへの協賛と自分用のステッカー

 

2019年の初めに自分用のステッカーを作りました。ハイデッキに貼ってるヤツですね。

 

レンタルボート用ハイデッキ

2019年からオリジナルロゴのステッカーを貼って試合に出てます。ただし結果は散々ですが(泣き。

亀山湖のレンタルボートにハイデッキを投入! やっぱり快適だった件

2018.04.05

 

2018年からNBCの方に協賛させてもらってまして、晴れて自身のメーカーロゴを試合で露出できるようになったんです。なので本当はその時ステッカーを作ろうと思ってたのが、仕事の忙しさにかまけてサボってしまってました。

 

ちなみに同じ年からオリジナルのトーナメントシャツを着用して試合に出てます。

 

KDWトーナメントシャツを着たかけづか

一丁前にトーナメントシャツで試合に出れるようになりました。ただしそれ以来まったく釣れなくなっちゃいましたが…。格好だけと思われてるので、なんとか釣りの方も巻き返したい‼️

春のリザーバーは引き出しの多さが勝敗を分ける 経験値の無さを痛感した房総チャプター2019開幕戦

2019.03.28

 

メーカーを立ち上げて5年めということで、少しは売り上げも立つようになり、念願だったトーナメントシャツを作る事を自分に許しました。

 

試合結果は散々でしたが、まずは目標の1つを達成できて嬉しく思ってます。

 

ただ、シャツもステッカーも自分が使う事が前提で、人に上げる事は考えてませんでした。

 

今の時代、作ろうと思えばステッカーぐらいそんなに大変な事ではないのですが、なぜか自分の中でステッカーを作る気になれなかったんです。

 

欲しいと言ってもらえるようになって

 

今どきは個人でステッカーを作って楽しんでる方も沢山いますので、KDWのステッカーは当然あるものだと思ってもらってたようです(笑。

 

いつ頃からか、「KDWのステッカーください」と言われるようになってきたんですよね。

 

その度に「うちステッカーないんですよ」と言ってきまして、そのたびに驚かれたりしました(苦笑。

 

これはいよいよステッカーを作る時が来たのかもしれない」と思い動きだしたのが去年の秋頃でした。

 

来季はハイデッキにステッカーを貼って試合に出たいと思っていて、一緒にタックルボックスに貼れるサイズのステッカーも作りたいと思ってたんです。

 

そこでディケイドワークスさんに相談させてもらってたのですが、その間にTwitterのフォロワーさんから好意で自作KDWステッカーを頂いたりして、益々オリジナルステッカーへの思いが強くなったんですよ。

 

KDWステッカー

Twitterのフォロワーさんに好意で作ってもらったステッカー。たこおやじさんありがとうございます!

VERSUS3080

愛用のタックルボックスには頂いた方のステッカーを貼ってます。中々良い感じ。

ブラックバス用ルアー(ワーム)の収納を考える

2018.01.06

KDWステッカーは非売品です

 

今回作ったステッカーですが、基本的に販売の予定はありません。欲しい方に差し上げようと思ってます。

 

直接お会いした方や無料プレゼント抽選会の副賞として差し上げたいと考えてまして。

 

ただ、遠方の人が欲しいと言ってくれた場合はどうしようかな。なんかステッカーだけを送るのも味気ないですよね(笑。

 

そこはこれから考えますね。なにか良いアイデアがあったら教えてください。

 

さいごに

 

いやー、ついにKDWもステッカーを作るまで調子に乗りました(笑。しかも岐阜のカリスマに作らせてしまうとは偉くなったもんですなー(ディケイドワークスさん本当にありがとうございます)。

 

とまあそれは冗談ですが、ステッカーを作ったからには宣伝効果が多少アップした事だし、今後も欲しいと思ってもらえる商品を作っていかないと意味ないですからね。

 

まだまだ止まる事なく突っ走っていこうと思いますので、これからもKAKEDZUKA DESIGN WORKSを宜しくお願いします!!

 

では。


スポンサーリンク



スポンサーリンク