真冬のリザーバー防寒着を考える

さて防寒についてのお話続きます。

397243274_4017d2e367_m

前回最強のアウターが

バカ長だという事になった?のですが、

その理由はとにかく風を通さないから

というものでした。

 

しかしながら現実問題として、

ホントにバカ長を着ることを考えた場合、

メチャメチャ動きにくいし

アホみたいに重いし

中はムレムレになるし、

まったく実用性はありません。

 

あくまでも風を通さないという意味での

最強説です。

 

となると、

現実的にバスフィッシングに

一番適したアウターとなると、

やはり専用のフィッシングギヤになると思います。

 

自分的には

東レBAWOのハイエンドモデル

をお勧めします。

20160121_121434

風を通さないという意味でいうと

ツナギタイプが一番ですが、

それはこのあとの記事をよんでもらえば

言わんとしてることが

わかってもらえると思います。

 

世の中のすべてのモデルを

着比べた訳ではありませんが、

スキーウエアやマリンウエアなど、

過去いろいろ試した結果と比べて

やはり専用のウエアは

すごく良く考えられているなあ、

と思うんですよね。

 

これは自分の目線が

レンタルボートでのバスフィッシング

という点が重要になります。

 

ビッグレイクなどでバスボートを前提に考えると

全然違った考え方になるかと思いますので

そのあたりは自己判断というか、

そのときの自分のスタイルをよく考えて

参考にしてみてくださいね。

 

フリースはアウターとして機能しない

これも某ヘリーハンセン(なにが某なのか)

のスタッフさんが言ってたんですが、

3880594530_cce56ea2dc_m

フリースはアウターとしては

まったく意味のないものだという事。

 

もちろんアンダーウエアとしても

まったく意味がないものですから、

これはミッドウエアとしてのみ

効果を発揮するものになります。

 

そのミッドウエアという点でいうと、

逆にフリース以外の選択肢はナシでも良いかな、

と思うほど機能してますね。

 

なんといってもいちいち着替えずに

そのまま来て、そのまま帰れますから。

3635825539_fb14b22ebe_m

 

防寒下着も今時の発熱素材は持ってないので

今まで冬の釣りはアウター以外は

着替えるという行為をした事がないくらいです。

 

そうはいっても今年はちょっと考えようかと

思ってますけどね。

 

このあと書くカイロにも影響が出そうだし…。

 

 

カイロで指先の冷え対策

真冬の釣りでどうしても

直接防寒できない箇所があります。

 

それが指先です。

 

完全に手袋で覆ってしまえば

良いのでしょうが、

それではラインを結んだり、

ワームをセットしたりするのが

非常に大変、というか無理ですよね。

 

そこで自分は脇の下にカイロを貼って

血管を暖める作戦をとってます。

7582390752_d18d77ecbb_m

こちらの記事でも紹介してますが、

脇の下には薄い皮膚のしたに

太い動脈が通っているので血管を通る血液を

直接暖めてやることで末端まで中から暖めてやることができます。

 

これは結構効果的で、

少々の寒さであれば指先は温かいままだったりします。

 

極寒の中でもこの方法であれば、

たまに指をポケットに入れるなどすれば

指が温まるのは意外と早いと思いますので

ぜひ試してみてください。

 

ちなみに自分は足の太ももの付け根(もちろん内側)にも

カイロを貼って足の指先も暖めるようにしてます。

 

カイロの原理は砂鉄と水分との化学反応(サビ)だったと記憶してますので

脇の下や足の付け根はよく動かす部分ということで

自動的に揉む効果もある、としておきます(笑。

 

いかにしてムレを抑えるか

 

さて、レンタルボートフィッシングに限らず、

釣りにおいての防寒で大事なことは

自分の体から出た水分で自分を冷やさない、

ということです。

 

カイロを貼っていると結構中で暑くなることが

あります。

 

すると真冬の湖上でも小汗が出ることは

よくあります。

14917794889_77df0197aa_m

そこでバスフィッシング専用のアウターですが、

脇なり前なりにファスナーが設けてあり、

暑くなった中の空気を逃がせるようになってます。

 

別に普通にアウターを脱いでしまえばよいのでは?

と思うかもしれませんが、

それだと一気に冷えすぎてしまいます。

 

微調整できる、というところが便利なんですよね。

 

まあ真冬の船の上で、釣れたとき以外はあまり大きなアクションは

やりたくないですからね、とオッサン的な意見も。

 

最近は水分による発熱素材がありますが、

自分はいまだにカイロ貼る派ですね。

 

ちなみに身に着けるものの中に綿素材のものがあると、

汗が乾かずに冷えのもとになります。

240147242_e8c58acffe_m

 

これはパンツも例外ではありませんので

真冬の釣りではスポーツ用の速乾素材で出来たサポーターなどが

良いですよ。

 

まとめ

レンタルボートにエレキだけといった

フィールドにおいては

防寒着といえども

なるべく身軽な方が良い、

とします。

 

やせ型の人は寒がりなので、

そうゆう方はさらに重ね着しても

良しとします(笑。

 

中年太りで、

脂肪という名のレイヤー

で武装している自分などは

ホントにアウター・ミドル・インナーの

3枚に携帯カイロでひと冬すごせる

と思います。

 

ほんとうにひとそれぞれ

あたたかさの価値観はちがいますからね。

 

自分が若いころに比べて、

今はたくさんの情報の中から

自分にあったものを自由にセレクトできます。

 

寒いですが、

たのしみながら良い冬バスを

ねらっていきましょうね。


スポンサーリンク



スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です