ロッドガイドの仮止めに使う便利なテープを見つけたので紹介します!

ロッドのガイド交換や新しくガイドを付ける時に、スレッドを巻く前のポジション決めで自分が今使ってる幅の細いテープを紹介します。

 

【かけづかのツイッターアカウントをフォローしてもらえると最新記事をお届けします】

 

ロッドガイドの仮止め用マスキングテープ

 

こんにちは、ほぼフリッパーのかけづかです。

 

ロッドビルド(リビルド)の楽しみの1つにオリジナルガイド設定があるのですが、ガイドを狙った位置に真っ直ぐセットするのって結構たいへんなんですよね。

 

1個のガイドにスレッドをキレイに巻くだけでも大変なのに、全てのガイド位置を揃えて巻くのは中々難しい(汗。

 

これまで弱めの接着剤やテープを細く切って仮止めに使ってたのですが、ちょっと良さげなテープを見つけました。

 

つってもただのマスキング用テープなんですけどね(笑。

 

模型用のマスキングテープで幅3mmのヤツがあるんです。これがロッドガイドの仮止めをするとき地味に便利なんですよ。

 

Masking tape

幅の狭いマスキンテープ。黄色なので視認性も良い。

Masking tape-2

幅3mmなのでガイドスレッドを巻く時に邪魔にならないのが良い。

 

 

 

適度に伸びるビニール系の素材なので、紙のテープと違って収縮性があるのが良いんですよね。

 

ガイドを固定した時にピッチリ止まるけど、微妙に位置を変えるのもスムーズで。

 

CombatStick The ”LaserSaverⅡ”

ビニール素材は収縮性があるので、ガイドをしっかり固定できる。

CombatStick The ”LaserSaverⅡ”-2

全てのガイドをセットしてポジションを確認するにも黄色いテープの視認性は便利。

愛竿ハリアー80のスパイラルガイド化をやめた理由

2019年10月10日

 

これまで収縮性のないテープで固定してたので、ガイドの位置を決めても作業中にズレてしまってたんですが、これなら結構硬く止まってます。

 

ダブルフットガイドは2箇所止めてやればかなりしっかり止まると思います。

 

ガイドの大きさに合わせたテープをチョイス

 

今回は幅3mmのテープをチョイスしましたが、もっと細いテープもあるみたいで。マイクロガイドになるほど幅の狭いテープが使いやすいです。

 

Masking tape-3

ちなみに今回はシルバー&コパーのメタリックCスレッドで巻いてみる。

往年のコンバットスティックをリビルドしてデカハネ用ロッドにしたい計画!

2020年3月4日

 

ダブルフットガイドなら片方の足を固定しておけば大丈夫ですが、シングルフットガイドはテープが邪魔でスレッドが巻けなくなってしまいますからね。

 

Micro guide

通常のバス用シングルフットガイドなら幅3mmのテープでも充分。スレッドを途中まで巻いたらテープを外してしまう。

オールダブルフットガイドにしたタイニークランク用リビルドロッドは機能したのか

2019年10月13日

 

自分の場合は今のところ幅3mmのテープで間に合ってますが、この先スピニングロッドで超フィネスセッティング用に極小マイクロガイドを使う場合は、さらに細いテープが必要になるかもしれません。

 

ただし、そこまで極小のガイドを使うならロッドのブランク径もかなり細いはずなので、今のテープを割いて細くすれば用が足りるかもしれないですけどね(笑。

 

では

↓ こちらも良く読まれてます ↓




スポンサーリンク



スポンサーリンク