上手い人がルアーを失くさない理由

釣りが上手い人ほどルアーを失くさないように感じますが、それってキャストの精度だけじゃないという話しです。

 

どんなに上手い人でもミスキャストはある

 

年間通してルアーやシンカーのロストがほとんどないカケヅカです。

 

ルアーを失くさないのは本当ですが、それはキャストが超絶上手い訳ではなく、単にハードルアーをあまり投げないだけなんですけどね(笑。

 

フリッパーを自称する自分ですが、釣りの多くの時間をテキサスリグなどのカバー撃ちに費やしてるので、リグのロストもほとんどありません。

 

でもハードルアーをガンガン投げてる人でもルアーのロストが本当に少ない人っているんですよね。

 

特に釣りが上手い人ほどロストが少ないように見えるんですけど何ででしょう。

 

ルアーの回収をあきらめない

 

自分が思うに、良く魚を釣る上手い人ほど根掛かりなどで引っかかったルアーの回収を最後まで諦めないように見えます。

 

 

 

カケヅカの感想

 

釣り場にゴミを残さないという意思表示でもあるルアーの回収。

 

釣りが上手い人ほどその意識が高いというイメージなので、自分も釣りだけじゃなくその意識から見習いたいと思います。

 

まあ高いルアーなら誰でも回収しようとする訳ですが、例えば捨てラインの先についたルアーまで時間をかけて回収するのは中々出来る事じゃないですよね。

 

そこを自分の釣りを止めてでも回収に時間を使うくらいになると人から見てもカッコ良いと思います。

 

ルアーの回収について自分の思った事を書いてみました。

 

みなさんはどうでしょうか。

↓ こちらも良く読まれてます ↓




スポンサーリンク



スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です