ワームの補修剤にもう一つの接着剤【セメダインSUPER X】が超安くて最高だった

『セメダイン スーパーX 超多用途』をワーム補修に使ってみたのですが、乾燥後に固くならないので最適です。

 

 

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると最新記事をお届けできます】

 

ワーム補修に最適な『セメダインスーパーX』

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのかけづかです。

 

今回は壊れたワームの補修に最適な『セメダイン スーパーX 超多用途』を紹介します。

 

セメダインSUPER X

ホームセンターなどで普通に売られているセメダインスーパーX。とにかく安いのがメリット。

 

いつものように(笑DeeePSTREAMさんの記事からみつけました。

 

そして実際使ってみたのですが、これが中々良い感じです。

 

乾燥後はまったく固くならず、しかもかなり強力に接着されてるようです。

 

HIDEUP スタッガーワイド

セメダインスーパーXで補修したスタッガーワイド。かなりしっかり接着されている。

 

まだフィールドでは使ってませんが、これはイケる予感がバリバリしますね。

 

ただし、使用感という点で「SPIKE-IT Fix-A-Lure」と違いはありまして。

 

溶剤であるSPIKE-IT の方はフタがハケになっていて狭い隙間にも塗りやすいのですが。

 

20160728_165410

 

スーパーXの方は無溶剤なので粘度が高いとうか、水あめチックなんですよね。

 

20160728_165503

 

なのでスタッガーワイド4インチのような大型ワームには使いやすいと思います。

 

20160727_111519

 

 

でも自分の多用するエスケープリトルツインにはSPIKE-IT で良いのかな?という感じですかね。

 

↓ しっかり着きますけどね

20160727_111344

↑ちょっと塗りにくいけど

 

 

「セメダインスーパーX」「SPIKE-IT Fix-A-Lure」併用が完璧か

 

今回紹介した二つの補修剤。

 

粘度の高さが違うので使いどころで分けて使用すればほぼ完璧にワームの補修ができると思いますね。

 

20160726_221653

 

値段が高く、量も少ない「SPIKE-IT Fix-A-Lure」はチョッとした補修用。

 

値段が安くて粘度が高い「セメダイン スーパーX 超多用途」を損傷のヒドいワーム用。

 

こんな感じで併用すればかなりワームを節約できるのではないでしょうか。

 

もっと前からこれを知ってればワーム代相当節約できたのになぁ。

 

【セメダインスーパーX】はX2の方がより良いらしい

 

先日紹介したワーム補修用の接着剤についてです。

SPIKE-IT Fix-A-Lure」と「セメダイン スーパーX 超多用途」の併用が最強かも、みたいな記事を書いた訳です。

 

この記事をみてくれた琵琶湖のガイドで通称「海賊王」さんから貴重なアドバイスを頂きました。

 

「セメダインスーパーX」よりも「セメダインスーパーX2」の方が良いらしいんです。硬化時間が早い?

 

20160727_131328

 

 

このセメダインは空気中の水分と化学変化して硬化するらしいですね。スーパーX2の方が硬化までの時間が早いらしいのです。

 

値段的に差がないならX2の方が良いと思われます。

 

ただ、今アマゾンで見てみたらX2の方が約150円ほど高いようです(笑。まあ、すごく高いというほどではないので試してみる価値はありますね。

 

耐久性はSPIKE-IT Fix-A-Lure安くて量も多い「セメダインスーパーX」系ですが。

 

でも、処理後の耐久性は「SPIKE-IT Fix-A-Lure」の方が上みたいです。

 

20160524_224652_thumb

 

そう考えるとやはり2(3)種類を使い分けるのが良さそうですね。これについては今後も実験を続けていこうと

思ってます。

 

今のところ、自分的な感覚だと大きめのワームや損傷のヒドいワームは「スーパーX」。

 

20160727_111509

 

 

細身のワームや損傷の少ないワームは「SPIKE-IT Fix-A-Lure」という感じです。

 

20160525_132005_thumb

 

大きいワームや損傷のヒドいワームは補修剤も大量に使いますからね。そこは安い方で良いかな、と。

 

ゲーリーには『SPIKE-IT Fix-A-Lure』。そう言えばDeeePSTREAMさんでも書いてましたが、ゲーリーワームには

「セメダインスーパーX」イマイチです。

 

どうも塩が沢山入ってる系のワームには向いてないようで。カットテールに試してみたら、まったく接着できませんでした。

 

ワームを良く洗って塩を落としてやらないとダメらしい、との事ですが。ちょっと面倒くさいですかね(笑。

 

このあたりも、もう少し実験を続けてみます。


スポンサーリンク



スポンサーリンク






4 件のコメント

  • これ、使っています。
    ワームの頭が裂けたときなど、もともとのワーム素材が柔らかいもの(ゲーリーとかドライブスティックとか)だと、修理してもすぐ裂けるので、外側ぐるっと塗って強度アップしています。
    デスアダーなど素材が硬い方が向いてます。

    • コメントありがとうございます。

      塩入ワームは効きが良くないというのは
      DeeePSTREAMさんでも言ってました。

      確かに固い素材のワームの方が
      向いてるように思いますね。

      塩をもみ出してから付けると
      効果アップらしいですよ。

  • セメダイン、スーパーXで、ワーム自体を作ることは出来ないですよね?!(笑)

    失礼しました。m(_ _)m

    • 材料として大量に使うので
      無理でしょうね(~ヘ~;)ウーン

      他のワームを溶かした方が
      現実的ですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です