【タックルボックスの肥やし】その② 亀山湖で拾ったルアー偏

現在自分のタックルボックスに入ってるハードルアーの中には、一個しか持ってないものが結構入ってます。

 

実はそれって亀山湖で拾ったルアーが多いんですよ。

 

ネコババって言われそうですが、常識的に新品状態のルアーではなく、明らかにゴミレベルのものをリペアしたものですから。

 

今回はボックスの肥やしになりかけているそんなハードルアーを紹介してみますね(笑。

拾ったルアーの活用法

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

この記事を書く前に、フィールドで拾ったルアーってどうしてますか?的な記事を書きました。

 

ワームは当然ゴミで良いんですが、ハードルアーは悩みますよね。

 

でも、釣りをしていてルアーをなくした事が無い人はいないと思うので、基本的には拾った人のもので良いと思います。

 

まあ、お互い様という事で(笑。

 

自分も釣れないくせにハードルアーを結構奉納してますから。

 

新品のガンタレルを一投でロストした時は心が折れましたよ…。

 

そんな訳で、今現在タックルボックスの中で肥やしになっているルアーを紹介するのですが、今回は拾った(回収した)ルアー偏です。

 

ではいってみましょう!

 

ジャッカル SQUIIRRL

 

これでスクワレルと読むらしい。

 

20170206_141623_thumb1

 

20170206_141628_thumb1

 

これは一個しか持ってないシリーズ?なんですが、その理由は亀山湖で拾ったというか、根がかってたのを救出したんですよ。

 

という事は、亀山湖で釣れるルアーなんじゃないか、と(笑。

 

でもまともに使った事ないんですよね。

 

どうもこの手のルアーは使い方のイメージが沸かなくて。

 

でもタダ巻きで良いのかも。

 

この前亀山湖プロガイドの板山さんと乗った時ももHUシャッドタダ巻きしてたしね。

 

ノリーズ Shot Over5

 

このクランクも一個しか持ってないシリーズです。

 

20170206_141556_thumb1

 

理由も同じで、亀山湖で救出したから(笑。

 

ホント良く拾うんですよね。

 

20170206_141603_thumb1

 

まあ、それ以上に失くしてるのでしょうがないですけど(何がしょうがないのか…)

 

でもこういうの拾った時は酷く汚れてるんですよ。

 

一見ルアーかどうかもわからないレベル(笑。

 

それをゴミだと思って拾い上げて、後でよく見たらルアーだった、みたいな。

 

家に持って帰ってゴシゴシ洗ってやると、意外とキレイになるんですよね。

 

そしてフックを付け替えてやると、結構見れるようになるんです。

 

まあ自分の拘りは、けっして洗剤を付けて洗わない事。

 

バスが匂いを嫌うかもしれないので(笑。

 

じゃあ釣ってみろよ、という突っ込みはご勘弁を(苦笑。

 

ガンクラフト・ジョインテッドクロー

 

20170206_142459

 

結構キレイに見えるでしょう。

 

でも拾った時はマジでただのゴミだと思いましたからね(笑。

 

一体どのくらいの間水中に放置されてたのか。

 

ブラシで洗うまで、まさかジョイクロだとは思いもしなかった(笑。

 

フックが朽ち果ててましたしね。

 

その場で手を突っ込んで回収するのも勇気がいるんですよね。

 

でも、水中にゴミを残してもいけないと思って、何とか腕まくりしてきったねーものを回収する訳です。

 

そういうケースはほとんどが本当にゴミなんですが、たまにこういう事があるんですよね(笑。

 

まあ、釣れた事ないですが(爆。

 

そんな訳で拾ったルアーシリーズでした。

 

次回はちゃんと?買ったけど使ってないシリーズを書きます(笑。


スポンサーリンク



スポンサーリンク




2 件のコメント

  • ジョイクロ使ってないなら下さい(笑)

    それか、自分の持ってるSSのジョイクロと交換して下さい!

    • ジョイクロはありがたく使ってます(笑。せっせとキレイにしたので愛着はあるんですよ。一応投げるんですけど、まだ釣れた事はないですね。今年は何とかチェイスくらいは経験したいと思ってます(笑。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です