「レインズホッグ」で釣れた! やはり手はちぎった方が良い

チャプター房総第3戦のプラクティスで

やっとレインズホッグを使いました。

 

マテリアルや作りの雑さから、

買ったは良いがどうも手が

伸びなかったのですが。

 

今回はライトカバーに

ジカリグで使ってみました。

 

結果は意外と(失礼)

良い感じでしたね。

 

もしかして使えるかも!?

 

パドルの肉厚感が良い

 

IMG_6690

元々「Fエスケープリトルツイン」の

代役として購入してみたんです。

 

買ってすぐには使う気が

しませんでした(笑。

 

やはり向こうの作りは雑で

マテリアルもツルツルしてて

どうも釣れる気がしなかったんですよね。

 

20160223_173720

 

でも修行汁を入れて

一ヶ月以上放置してあったのが

良かったんでしょうか?(笑。

 

初フィッシュが出ました。

 

と言ってもノンキーサイズでしたが。

 

IMG_6689

 

フィールドで使ってみた感想は

中々悪くない、

といった感じ。

 

まずパドル部が肉厚で、

水を良くつかむ感じが

良いですね。

 

そして輪っか状になっている腕は

前を切った方が全然動きが

良くなります。

 

シェイクだけでなく、

フォール中も腕がピロピロとなって

水を動かしてますね。

 

そしてボディーがファットで

ハリ持ちが良いです。

 

IMG_6688

 

ただしこれは、

もっと大きいヤツを釣ったらどうか

もう少し検証が必要ですね。

 

使い分けについて

 

これメインでやっても

釣れる時は釣れるでしょうね。

 

ここで太鼓判を押す、

という大げさなものでも

ないですが。

 

でもカバーで使うルアーって、

すぐ釣れるルアーでないと

信用できません。

 

使ってすぐに、

何でも良いから釣れるルアーって

大事ですよ。

 

たとえチビでも。

 

そもそも

チビも釣れないルアーじゃ

使う気がしないですよね。

 

この前の試合から、

強い固体を狙うときの

感覚が少しわかってきたんです。

 

なので使うルアーがどうこう、

ではないと思えるように

なってきました。

 

今度はテキサスでも

しっかり使ってみたいと

思います。

 

もし次もすぐに釣れたら

一軍入りが

あるのかないのか。

 

キロフックハイパーの#1がベスト

 

エスケープリトルツインでも

そうなんですが、

オフセットフックの#1がベストですね。

 

自分の場合はDECOYの

キロフックハイパー””#1を

セットしてやりました。

 

20160617_075533

 

試合では毎回このフックで

エスケープリトルツインもやってます。

 

今までに伸ばされたり

折れたりした事は一度も

ありませんね。

 

すっぽ抜けも少なく、

信頼してるフックです。

 

まあ、他のものを色々

試したわけでもないですが(笑。

 

過去にはSUGOI HOOKや

ノガレスのセカンドバイトも

使ってました。

 

特に使い分けはないのですが、

より強いフックを試してるうちに

キロフックハイパーになりました。

 

今回の試合で

ゴーマルを獲ったのも

これでしたね。

 

20160615_124036

 

話がレインズホッグから

ずれてしまいましたが、

ホグ系には良いフックです。

 

エスケープリトルツインもそうですが、

やや小さいフックが良いですね。

 

ホグ系ワームでは

ボディーの真ん中から少し下くらい、

パドルの付け根より上の方が

動きが断然良いです。

 

そして浅いバイトでかじられた時、

フックがパドルの付け根に近いと

パドルをすぐちぎられます(笑。

 

 

パドルが取れるとそのワームは

もう使えませんが。

 

ボディーが裂けて

使えなくなったのなら

今は良い補修剤がありますから。

 

ワームも安くないので

そのあたりも含めて

フックを選ぶと良いですよ。

(セコいですかね?)

 

いやいや、動きがよくなるのが

一番の理由ですからね(汗っ。

 

ワイドゲイプでも伸ばされない

強度のあるフックを

選びたいですね。

 

その意味では

キロフックハイパー良いですよ。


スポンサーリンク



スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です