魚探をWI-FI接続で使うためのタブレット用架台製作 やっとプロトの溶接です

思いのほかレーザー加工に時間を取られてしまいましたが、やっと溶接作業に入ります。

 

まあここからは早いんですけどね。

 

プロト一号が出来たので公開しますね。

 

【ページへのいいねを押してもらえると毎日最新記事をお届けできます】

柔軟性

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

人気釣りブログDeeePSTREAMのKenDさんとコラボでやらせてもらってるタブレット用架台。

 

【GARMIN GPSMAP 7407xsv】一台を船のコンソールにセットして、WI-FIでバウのタブレットに画像を飛ばして見れるようにするという試みに架台製作として乗った訳です。

 

3Dの図面を書いてから随分と経ってしまいましたが、やっとレーザー加工品が上がってきた(汗っ。

KAKEDZUKA.com(カケヅカ.com)
 
ボートのバウでタブレットを使う 専用架台は上手く機能するのか
http://kakedzuka.com/2017/02/garmin-gpsmap-7407xsv-gps-tablet-terminal/
魚探のWI-FI機能を使って母機の画像をタブレットに飛ばしてバウで見られるようにするという企画。そのための架台製作の工程を公開してます。

 

これは予想外でした。

 

いつもなら一週間くらいで出来てくるのですが、やけに時間がかかりました。

 

まあ、少量頼むので後回しにされちゃったかな(笑。

 

そんな訳でやっと溶接作業に入ります。

今回製作にあたり、世の中の様々なタブレットに対応するように考えました。

 

中にはipadでやりたいという声もありまして、そのための防水ケースも様々。

 

そうなった時に指定のもの以外で使えないのでは辛い。

 

なので基本受注生産で、ケースに応じて寸法を調整できるようにしてます。

 

もちろん都度溶接する事になるんですけどね。

衝撃吸収剤

 

意外と難関なのが衝撃吸収材です。

 

精密機器であるタブレットを保護するのが一番なんですが、適切にスペースを詰めるアンコ的な役割もあります。

 

架台に入れた時に画面を見やすくするため、位置を調整しようと思ったんですよ。

 

で、今回はウレタン素材のものを試してみます。

 

厚みがあって、伸縮性はかなりあるので、タブレットの形にフィットしてくれるのではないかと思ったんですよね。

 

でも中々上手く決まらないですね(汗っ。

架台に直接ウレタンを敷くのはちょっと問題ありそうなので、やはり防水ケースの中で固定したいんですよね。

 

これにモバイルバッテリーも一緒に入れる事を考えると、厚みは欲しいと思ったんです。

 

プロト一号が形に

 

そんなこんなですが、とりあえずプロト一号が形になりました。

本体重量は結構ありますね。

 

タブレット用架台プロト一号_145323

 

レンタルボートアングラーだったら使わないだろうなあ(笑。

 

もちろん魚探をWI-FI飛ばしてタブレットで見るということは、それなりの大きさのボートを想定してる訳で。

 

例えばバスボートの場合だったら架台の重量はそれほど気にならないはず。

 

それよりも頑丈である事の方が大事な訳ですよね。

 

さてこれから本付けに入ります!

 

終わります。

 

GARMINに関する記事はこちら

● 魚探用に買った【Daiwa TOUGH BATTERY(タフバッテリー)】を実際に使ってみた

● 【GARMIN ECHOMAP CHIRP 95SV】を亀山ダムで使ってみた

● 【GARMIN ECHOMAP CHIRP 95SV】 エレキに配線してみた


スポンサーリンク



スポンサーリンク