キャビテーション防止プレート 最初のプロトが良い感じだった件

2016チャプター房総の全日程が終了してちょっとホッとしてるほぼフリッパーのカケヅカ( @kakedukaSS )です。

 

今回はプラクティスを通して本当にいろいろありました。

 

テスト品もいくつかあったんですが、その中でキャビテーション防止プレートが一番の収穫ですね。

 

結構使えそうです。

 

強度OK

 

去年から言ってましたが、ようやく最初のプロトを作ってみたんですよ。

 

キャビテーション防止プレート

 

で、今回も試合のプラクティスがテストになるという(笑。

 

そして使ってみた結果ですが。

これが中々良かったんですよ。

 

まず強度ですが、これは完全にOKレベル。

 

現状のものは3Dプリンターで作ったので実際使ってみてどうかな?とは思ったのですが。

 

これがまったく問題なく、非常に快適でした。

 

キャビテーション防止プレート1

 

ほとんど計算してなかったのですが、エレキをマウントに上げても干渉なし(笑。

 

キャビテーション防止プレート干渉なし

 

20160928_162247

20160927_100113

 

 

完全に偶然ですけどね。(汗っ。

 

走行時に安定

 

走ってる時は安定してます。

 

走行時安定

 

変に重いとか、抵抗が大きい感じもなく、まったく違和感ないですね。

 

ためしにエレキを極端に上げて、ペラを水面にギリにセットしてやりました。

 

さすがにそれはダメでしたね(笑。

 

でも、普段より喫水を浅くしてもキャビりは少なかったです。

 

気のせいかもしれませんが、少しのパワーでも進むのがわかったような。

 

まあ、あまり欲張ってもダメですよね(笑。

 

でも、少なくともこれを付けた事によって不具合がある事はなかったですね。

 

この後ジュラルミンでクランプ部を作ります。




スポンサーリンク





スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です