流派が違う人と一緒に釣りをする時に思うこと

バス釣りで自分と違うスタイルの人と釣りをするとお互い発見が沢山あっておもしろい。

そして相手の釣りを少しでも吸収したいならとにかく真似をして沢山聞くことだと思うな。

 

釣りの技術をパクるという事

気が付くと我流でやろうとして良くデコってるカケヅカです。

 

さて、世の中で「パクる」という言葉は良い意味で使われてないですが、釣りの技術に関してはそうとは限らないと思ってます。

 

知らない人の釣りを遠目から見て、動作や使ってるルアーを真似してみるのも「パクり」と言えるかもしれませんが、上手い人ほど人の釣りをパクってるように感じます(笑。

 

何が言いたいのかと言うと、人の釣りをよく見て真似してみる事は良い事だと言う事ですね。

 

例えば誰かのホームレイクで同船させてもらった時なんかは、せっかくなので色々教えてもらうと思います。

 

その時に我流でやってみようと思うと大体上手くいかないんですよね(苦笑。

 

公認でパクる大切さを知ろう

 

例えば高いお金を払ってガイドを頼んだとしたら遠慮なく色々と聞きますよね。

 

でもそうではない場合は中々細かい部分まで聞けなかったり、教える方もガイドさんほど上手く教えられなかったりするものです。

 

なので出来るだけ動作を真似したり使用してるタックルやルアーの特徴などを素直に聞いてみるのが良いと思うんですよね。

 

カケヅカの感想

 

自分が逆の立場だったら色々聞いてもらった方が嬉しいです。

 

その人が本気で自分の釣りを真似して習得しようとしてくれてるのが伝わると、出来るだけ教えて上げようと思いますしね。

 

でも「あー、いいです自分でやってみます」って言われると、「そうですか」としか言いようがないですから(笑。

 

よほど自分の中に考えがあるか、同船者の釣りが好きでは無いという以外は素直にパクろうとした方が相手も嬉しいですよ。

 

というか、その人の釣りに興味が無いとか、あまり好きでもない相手とは最初から乗らないですよね(笑。

 

みなさんはどうですか。


スポンサーリンク



スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です