【病的】バス釣りには何でそんなに釣竿が必要なのか

バス釣り・バスフィッシングと言えばリールの付いた竿にルアーを結んで投げる釣りですよね。

 

ただそれだけの事なのに、人によっては100本以上バスロッドを買ってる人も結構いますからね(笑。

 

よくよく考えたら、なんつー泥沼なんだと落ち込みますね。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

物欲

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

バス釣り用の道具の事をタックルって言いますよね。

 

MEIHO バーサスVS-3080

 

これってルアーフィッシィングは全般的にそう言うのかわかりませんが、バス釣りをする人の間では常識的な表現です。

 

それにしても、自分もバス釣りを始めて間もなくしたら、竿(ロッド)とリールは5セットくらい買ってました。

 

正直なところ、それって物欲なんですよね(笑。

 

バス釣りって道具を集めるのも楽しいので。

 

タックルの限界

 

自分が社会人になってすぐぐらいの時、霞ヶ浦が爆発(凄く釣れるという意味)してたんですよ。

 

高校以来バス釣りをしてなかったのですが、そこでまた釣り熱が再燃して、適当なロッドとリールを買って釣りに行き始めたんですよね。

 

自分の場合はまずルアーをたくさん買って、タックルボックス(ルアーを入れる箱)を一杯にする事が楽しかったんです。

 

そしてボックスに入りきらないルアー達を、次の釣りの時にどれをもっていくのか悩むのが最高に楽しかったですね。

 

MEIHO バーサスVS-3080 SHIMANO

 

 

雨が降った時はこのルアー、晴れた時にはこのルアー、流れ込み(小さな滝のような場所)にはこのルアーとか、寝る時間を惜しんで次の釣りにもっていくルアーを選んでました。

 

でも、それに対してロッドは1~2本しか持ってなかったので、大きいルアーも小さいルアーも、軽いルアーも重たいルアーも、全部同じロッドで投げてたんですよ。

 

そうなると悲劇はちょくちょく起こります(笑。

 

軽いものを投げる専用のロッドで重いルアーを投げるので、よく糸が切れて飛んでいってしまうんですよ。

 

そんな経験を繰り返しながら、ルアーによってタックルを選ぶ必要がある事を学んでいきましたね(笑。

 

得意ルアー

 

まあ得意ルアーというか単に好きなルアーとも言えますが、ハマると同じルアーばかり使ってしまう事ってないですか?

 

その時ってタックルへの考え方が深まる時期だと思うんですよね。

 

とにかく投げやすいロッドとか、そのルアーを扱いやすい専用ロッド・タックルを求めて色々試すんですよ。

 

それはつまり消去法で、自分のフィーリングに合うロッドに当たるまで変え続けるんです。

 

いろんなロッドを試すのでお金も時間もかかるんですよね。

 

なのでそのルアーに対してもどんどん思い入れが強くなるという好?循環。

 

自分の思い通りのロッドに当たれば本当の意味で得意ルアーになりますからね。

 

使いまわし

 

いろいろ試してお眼鏡に適わなかったロッド達はお蔵入りする訳ですが、その中から意外と他の釣りに向いてるロッドがあったりするんですよね(笑。

 

じつはあるルアー専用に買ったつもりでも、結構逃げ道を考えて買ってる時があるものじゃないですか?

 

たとえばジグ用に買ったつもりだけど、ダメならヘビースピナーベイトに使おう、という感じで(笑。

 

MEIHO バーサスVS-3080 Daiwa17タトゥーラSV TW

 

でもやればやるほど専用ロッドしか使わなくなっていくので、他のロッドは使わなくなっちゃうんですよね。

 

気が付いたらジグ用ロッドばかりになっていた、という事になってたり(笑。

 

で、基準になる専用ロッドがあるので、メインのルアーよりちょっと軽い、ちょっと重いルアーを使う時もそれに対応したロッドが手元にあるという(笑。

 

そうやってロッドがどんどん増えていくんですよね。

 

使わない道具達

 

さて、長年釣りをやってると道具がたまってきますよね。

 

MEIHO バーサスVS-3080 カルカッタコンクエスト
 KAKEDZUKA.com(カケヅカ.com) 
2016カケヅカ.com的タックル・オブザイヤーは
http://kakedzuka.com/2016/12/2016-tackle-of-the-year-of-kakedzuka/
12月という事で、今年買ったものの中から自分的タックル・オブザイヤーを勝手み決めてしまおうとおいうこの企画。はたして今年は何を買って、そのなかのどれが一番買って良かったものなのか?

 

自分の場合は過去に一度釣りをやめるつもりで大量に処分した事があります。

 

そして釣りブランクになって、六年後に復帰したんですが、またすぐたくさん道具を買ってしまいますね(笑。

 

やっぱりつり道具を買うのって楽しいんですよ。

 

で、また使わない道具が溜まっていきます。

 

でも今度はすべての釣り道具は売ったり捨てたりしないと思います。

 

MEIHO バーサスVS-3080 14スコーピオン201HG

 

 

とくにロッドとかリールは使わなくなっても全部とっておきます。

 

自分がもっと年をとった時に、昔の道具を見て一杯やれたら楽しいと思うからですね(笑。

 

釣りってそうやってずっと長く楽しめるんですよ。

 

さいごに

 

バス釣りをしていて、道具がたくさん必要になる気持ちはやってる人ならわかってくれるはず(笑。

 

これから始める人も、やってるうちに「こういう事か!」とすぐになりますよ。

 

まあ、値段の高い安いは別にして、とにかく際限なく道具が増えていく遊びなんですよね。

 

集めた道具を眺めてニヤニヤしてしまう、そういう遊びです。

 

その中にメモリアルな魚を釣ったロッドやリール、ルアーが混ざると最高ですね。

 

D-ZONE_MEIHO VARSUS VS3080

 

終わります。

 

ロッドに関する記事はこちら

● 初めてのベイトタックル二本目のベイトタックル ロッド偏 (超主観)

● じゃあ折れないロッドってあるんですか ロッドを折らずに使う3つの心得

● バスロッドのメーカーミックス 各社の相性について考えてみる

● 巻きと撃ちを同じロッドでやるのはアリか?


スポンサーリンク



スポンサーリンク