アブ16レボ用クラッチ開発裏話 機能かデザインか

2016年に作った16レボLTX用のオフセットクラッチですが、デザインでかなり悩みました。

今またリピートで作ってるのですが、その時の事を思い出して苦笑してしまいます。

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると最新記事をお届けできます】

2016年にモデルチェンジしたAbu16Revo LTX

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのかけづかです。

自分が社会人になって、再びバス釣りを始めた時に最初に使ったリールが『abuのプロマックス』でした。子供の頃からの憧れabu。

生まれて初めて買ったリールは確か『SHIMANOバンタム』。足立区の大都会・北千住の上州屋でガラスケースに入った丸形のabuは、とても中学生が変えるモノではなかったんですよねー。

中学2年の時にabuの限定モデルを買ってもらってたアイツ生きてるかな。最後まで友達にはなれなかったアイツ…。

まあそんな話は良いとして、それから時が流れ、abuにもロープロのレボシリーズが出たんですね。その頃バス釣りをお休みしてたので全くしりませんでした。

そしてさらに時が流れ、2016年にそのロープロモデルのRevoがフルモデルチェンジして現在の形になりました。

昭和44年生まれの自分と同世代の方々はこんなノスタルジックな思いを共有してくれるはず(笑。

その16レボのカスタムパーツを作るのは少し気負ってしまうのかもしれません。オフセットクラッチを作る時にデザインでメチャメチャ悩んだんですよね。

16REVO LTX-BF8Offset clutch clutch

abu16Revoのオフセットクラッチデザイン案。ここにあるのは全部ボツ(笑。理由は加工が難しい事と指に当たる部分に違和感があったから。

オフセットクラッチ試作色々

16REVOのオフセットクラッチは2016年に一度リリースしてまして、その時は全然売れませんでした。

当時はブログもTwitterも全然読まれて無かったので、宣伝効果が無かったんですよね。今のようにブログやSNSで新製品の宣伝広告活動をするという事を全く考えてませんでしたから(苦笑。

ただ、作ったモノにはかなり手応えがあって、使ってもらえば良さをわかってもらえるとは思ってました。

2019-10-02 17.07.08

abuf16REVO LTX-BF8のフルカスタムモデル。やはりクラッチレバーは一際目を引くので、どうしてもドレスアップパーツに見られてしまいがち。もちろん見た目にも拘ってますが、やはり機能優先。

16REVO LTX-BF8クラッチ

16レボのプロトクラッチ。大きな肉抜きが目立つけど、じつは指が引っかかって違和感あり(笑。見た目的には良いんだけど…。

16REVO LTX-BF8クラッチその2

16レボのオフセットクラッチ別バージョン。こちらもプロトでボツになったやつ。ちなみに加工の難易度は製品版より難しい(苦笑。大きな肉抜きは凄く加工時間がかかる割に触り心地が良くなかった。

16REVO LTX-BF8クラッチプロト

16レボクラッチプロトのピンホール無し。これはかなり製品版に近くなってきたヤツ。スプール寄りのピンホールを無くして触り心地を良くしてみた。やはり肉抜きは大きすぎて違和感。

16レボ LTX-BF8のカスタムクラッチがすごく気持ち良いのはなぜだろう?

2016.08.29

上の画像のプロトは肉抜き(ブランキング穴)が大きくて指を置いた時に違和感を感じボツに。

その後大きさの違うピンホールを配置して製品版に至る。

じつは製品版のデザインはシンプルだけど加工時間はプロトより短縮されてたり。

デザイン寄りか機能寄りかで散々迷って、結局機能寄りにしたけど、まあ正解だったと思ってます。

さいごに

いやはや、機能とデザインの両立って難しいです。デザインに関しては人それぞれ好みが違ってきますからね。

オフセットクラッチってどうしても見た目を重視されてしまうのですが、指のポジションやサミングのしやすさ、切り心地の方が大事なので、それらをデザインで犠牲にしてはいけないと考えます。

大きな肉抜きがあったりするとソレッぽい(?)んですけどね(笑。でもクラッチを切った時に違和感あるんですよ。

製品版はワンポイント的に大きさの違う3つのピンホールを儲けてますが、最低限クラッチ操作に違和感がない位置と大きさを計算してます。

何も飾りのないプレーンなタイプも良いのですが、そこはまあ、なんと言うかアレですよね(モゴモゴ…。

そんな感じでリピート生産分も前回と同じデザインでいきます‼️

使用感には満足してもらえると思うので、ぜひ手にとってもらえたら嬉しいです。

では。

↓ こちらも良く読まれてます ↓




スポンサーリンク



スポンサーリンク